バイクのエンジンからする異音の原因は?初心者でも直せる?

エンジンがカラカラと音がしたり、正常なエンジン音とは違う音がする。

今まで正常に走っていたのに急に違う音がしてくると心配になりますよね。
特にバイクにとっての心臓部分であるエンジンのことなので不安だと思います。

異音の原因はどこにあるのか?
また、初心者にも修理できるのか?
説明いたします。

ボルト類は緩んでいませんか?

異音がするときにまず疑うべきなのは各種ボルト・ナット類の緩みです。
エンジンの振動によって、緩んだボルト類から音がなっている場合がありますので、一度チェックしてみてください。

マフラーなどの排気系統も排気漏れ等があれば異音の原因になります。
取り付けボルトの確認やガスケット(パッキン)の劣化が原因となる場合がありますので注意してください。

この場合はガスケットの交換等で直すことができますので、初心者でも修理できると思います。

エンジンからカチカチ音

エンジンからカチカチと音がしますか?

あなたのバイクが4ストロークの場合は「タペット音」かもしれません。

エンジンの吸気と排気を調整するバルブはカムシャフトによって開け閉めされているのですが
このカムシャフトとバルブとの接触部のすき間が適正でない場合発生する異音です。

これは、バルブクリアランスの調整により直すことができ、
ロッカアームとバルブステムの間にすき間を測るシックネスゲージを使用して調整します。

作業自体は難しいものではないので、初心者でもできることはできますが、
0.01mm単位の調整になりますので、自信が無ければバイクショップでやってもらうのをおすすめします。

音の小さい場合は、バルブクリアランスの調整で症状は改善しますが、
異音が大きい場合や振動が大きい場合などは他にも原因は考えられます。

エンジンの振動を打ち消すためのバランサーの故障やエンジン内部のプライマリギアの摩耗など。
エンジン内部は様々な複雑な部品で構成されているため、他にも原因は考えられます。

このような場合は初心者の手には負えません。
エンジン内部の整備が必要になりますのでバイクショップに任せましょう。

またエンジンの修理は高額になる場合があるので事前に見積もりを聞いておいたほうが良いでしょう。

エンジンからシャーやジャラジャラ音

エンジン内部から「シャー」や「ジャラジャラ」と音がする場合、カムチェーンの緩みが原因かもしれません。
この場合は、カムチェーンテンショナーの調整で改善することができます。

今のバイクは自動で調整されるタイプも多く、この場合は「調整」ではなく「交換」が必要になるので注意してください。

調整は手順を追って行えば初心者でも調整が可能です。

カムチェーンはエンジンでも重要な部品です。
調整がしっかりできていないとピストンやバルブにまで損傷を及ぼす危険がございますので、定期的な調整を心掛けましょう。

エンジンの回転を上げた時にカンカンやカラカラ音

エンジンの回転を上げた時に「カンカン」や「カラカラ」と金属音が聞こえる場合は、ノッキングが疑われます。
エンジン内で異常燃焼が起こっている可能性があります。

ガソリンと空気の比率、ピストンのカーボン付着、エンジンオイルの劣化、 点火のタイミングのずれなど原因は様々です。

しかしこれを放っておくと、エンジン内部でデトネーションという爆轟反応が起き、ピストンの損傷などに発展することがありますので
早めにバイクショップでの点検を行った方が良いでしょう。

定期的なメンテナンスを行わずに長い距離を走っていたりすると注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
原因は見つかりましたか?

自分で直せる軽易な原因から、エンジン内部の重大な部分が原因になっていることも考えられます。
バイクに乗っていて、少しでも「怖い」と感じるようであればバイクショップでの点検をおすすめします。

また、異音は日々の整備や点検も関係してきますので、大事な愛車を故障無く、長く乗るためにも
日々の整備や点検、清掃などを心掛けましょう。


それでは安全なバイクライフをお楽しみください。

私が運営する副収入月10万円を目指すためのブログ

こちらもよければよろしくお願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする