BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

旅行

秋田県乳頭温泉郷の秘湯「鶴の湯温泉」レポ!宿泊施設や温泉&食事レビュー!

投稿日:

出展:乳頭温泉郷

秋田県仙北市にある日本一有名な秘湯とも言われている温泉郷『乳頭温泉郷』。

乳頭温泉郷は鶴の湯・妙乃湯・黒湯温泉・蟹場温泉・孫六温泉・大釜温泉の6つの歴史ある一軒宿と近代的な宿である「休暇村乳頭温泉郷」の7つの宿から構成されています。

どの一軒宿もそれぞれに違った特徴を持っており、それぞれの宿にある温泉は自然と織りなす絶景と様々な種類の源泉で心も身体も癒されること間違いなしです!

今回はそんな乳頭温泉郷の中でも最も古い歴史を持ち、最も人気が高い一軒宿『鶴の湯温泉』についてのレポを紹介します!

スポンサーリンク

 鶴の湯温泉とは

鶴の湯温泉は乳頭温泉郷の中でも最も古い歴史を持ち、温泉が発見されたのは江戸時代とされています。

江戸の大名でもある秋田藩の佐竹義隆も訪れていたようで、幕府の役人や大名などが宿泊する『本陣』が残っているも有名です。

鶴の湯本陣出典:instagram(@meguri_rest)

この本陣は茅葺屋根でできた歴史を感じる建物で登録有形文化財にも指定されています。

他の建物も全体が本陣のような鄙びたイメージで統一されており、タイムスリップしたかのような感覚になります。

名前の由来は1708年(宝永5年)に温泉で鶴が傷を癒している所を勘助というマタギが発見したことで「鶴の湯」となったようです。

1967年10月19日には環境大臣が指定する国民保養温泉地に乳頭温泉郷の一部として指定されています。

宿泊施設レポ!

鶴の湯温泉

鶴の湯の宿泊は本陣の他に、1号館、2号館、3号館、新本陣・東本陣と場所を選ぶことができます。

それぞれ部屋に特徴があり、基本的には全て和室になっています。

1号館

宿泊代金は12800円で大部屋もある和室です。

清潔感のある綺麗な部屋でトイレは共同となっています。

2号館・3号館

鶴の湯温泉では最も安い宿泊価格で、9830円となっています。

湯治棟の部屋になっており、一人宿泊が可能な六畳一間の部屋です。

朝夕食ともに本陣食堂でいただきます。

本陣

一泊二食で12.250円の本陣のお部屋。

やはり歴史ある情緒感じる部屋で泊まりたいのであれば、こちらの本陣がもっともおすすめです!

自分も今回は本陣の方で一泊させていただきました。

客室には囲炉裏があり、夕食はこの囲炉裏を囲んで秋田の郷土料理や山の幸をいただくことができます。

タオルやバスタオル、歯ブラシ、浴衣、トイレ、灯油ランプなども付いています。

しかし、灯油ランプは油煙臭くなってしまうので注意です。笑

あとは快適さを求めないこと!

なんといっても江戸時代まで遡る古い建物なので、雰囲気を楽しみ昔の宿泊施設で一泊するという体験として泊まることがおすすめです。

ホテルのような快適さを求めるのは間違いです。笑

テレビもなく、コンセントもなく、唯一スマホの電波のみ入るというかんじですね。

出入り口も鍵などないので、就寝時はつっかえ棒で戸締まりします。

しかし、木造でできた鄙びた建物は見て回るだけでも心を癒してくれます。

館内を探索できるのも宿泊者の特権なので是非いろんなところを見て回りましょう。

出典:instagram(@kitphotto)

廊下だけでここまでの日本情緒あふれる雰囲気がある建物も少ないと思いますよ。

別館 山の宿

実は鶴の湯温泉には『山の宿』という別館があります。

出典:instagram(@naoppy222)

山の宿もテレビや冷房などはありませんが、鶴の湯本陣よりもしっかりとした設備が整っている印象で、こたつなどの暖房器具もあるので冬の宿泊には良いかもしれません。

宿泊料は鶴の湯では最も高く、17.750~23.250円となっています。

山の宿で最も良いことが貸し切りの露天風呂があるということです!

スポンサーリンク

出典:instagram(@japantravelholicdiary)

鶴の湯温泉の白湯を引いてきた温泉で一人でゆったり入浴を楽しむことができます。

山の宿の宿泊者は本館の温泉も利用できるのでおすすめです。

新本陣・東本陣

一泊二食で14.450~19.950円。

鶴の湯では最も高い部屋なんですが、鶴の湯の中でも新しく建てられた棟なので、ある程度の快適さを求めるのであれば、こちらの部屋がおすすめです。

部屋によっては囲炉裏もついており、快適に情緒ある空間で泊まることができます。

お部屋食で洗面台、トイレも付いています。

 

 

温泉レポ!

鶴の湯温泉には白湯、黒湯、中の湯、滝の湯の4種類の泉質の異なる源泉があります。

白湯の混浴露天風呂、白湯・黒湯・中の湯にはそれぞれ内湯があり、滝の湯は打たせ湯となっています。

鶴の湯温泉で最も有名なのは白湯の混浴露天風呂です。

混浴露天風呂

出展:乳頭温泉郷

混浴風呂の源泉は白湯で別名「美人の湯」と呼ばれています。

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素泉(硫化水素型)。

やはり、鶴の湯の混浴露天風呂は乳頭温泉郷の中でも最も人気がある温泉なので、日中は込み合うことが多いです。

10:00~15:00が日帰り湯の時間帯となっているので、宿泊者限定での入浴になる夜の時間帯が人も少なくおすすめです。

男性は特に気にせず入ることができますが、やはり女性は混浴に入りにくいという感じがあるみたいです。

一応女性側には囲いがあるのでしゃがみながら入れば男性から見られることも少ないかと思います。

入ってしまえば濁り湯なので見えることはありませんが、やはり女性の方は諦めて帰ってしまうかたも多いようです。

源泉は温泉の底から随時湧き出ているのびっくりしましたが、そこまで温泉のお湯は熱くもなく長くゆっくり入浴することができます。

内湯

出典:instagram(@jun2001jp)

混浴風呂だけではちょっと。。という方でも鶴の湯は男女別の内湯があるので、混浴露天風呂に入らなくても十分に温泉を満喫することが可能です。

女性側には女性専用露天風呂もあるようです。

シャンプーやシャワーもありますし、安心して入浴することができますよ!

内湯も木造建築で他の温泉では味わうことができない不思議な感覚につつまれるので最高でした。

ただしそこまで大きなお風呂ではないので、混雑時にはゆったり入るのは厳しそうです。

食事レポ!

食事は囲炉裏のある部屋では囲炉裏を囲んで食べることができます。

囲炉裏は食事の1時間以上前には火をいれてくれ、岩魚の塩焼きを焼いてくれます。

そしてなんといっても鶴の湯で有名なのが山の芋鍋です。

出典:instagram(@yuriyuri_2525)

山芋のみでつくられた団子でもっちりとした食感がたまりません!!

他にも山菜などを使った山の幸をふんだんにいただくことができ、決して豪華な料理とは言えないですが、品数も多くてボリュームもあり、お腹いっぱいになりました。

秘湯ビールというここだけでしか飲めないご当地ビールもあり、100点満点でした。

鶴の湯温泉の基本情報

営業は通年営業

宿泊料

1号館:12.800円

2、3号館:9.830円

本陣:12.250円

新本陣・東本陣:14.450円~19.950円

山の宿:17.750~23.250円

冬季の期間は別途暖房代として1,100円が加算されます。

また、1,800円で7つの温泉に各1回ずつ入浴することができる「湯めぐり帖」という入浴券を宿泊者限定で購入することができます。

日帰り湯

営業時間:午前10時から午後3時まで

入浴料600円

月曜日は清掃のため入浴不可、月曜が祝祭日の場合は直近の平日が清掃日になるのでご注意ください。

アクセス

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉
〒014-1204 秋田県仙北市 田沢湖田沢字先達沢国有林50

 

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉別館 山の宿
〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字 湯ノ岱1

まとめ

鶴の湯は温泉、宿泊施設ともに他の旅館では体験することのできない歴史ある情緒あふれる空間で心癒すことができます。

近代的なものはなく、不便に感じる方もいるかと思いますが、すべてを忘れて落ち着いた時間を過ごすことができます。

歴史ある場所で宿泊したい方は本陣で泊まることをおすすめします。

本陣でしか味わえない雰囲気と囲炉裏を囲んだおいしい山の料理で一生の思い出になること間違いなしです。

スポンサーリンク

-旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイ旅行でトゥクトゥクに乗るのは危険なのか実体験レポート!安全に乗る方法とは?

スポンサーリンク 【本記事を読んでほしい方】 1.タイ旅行に行く予定がある又は行きたい方。 2.タイでのトゥクトゥクは騙されたりするので危険だと聞いたことがある方。   僕の叔父がタイで9年 …

待ちに待った秋の紅葉!関西のおすすめドライブデートスポット♪

スポンサーリンク 暑い夏が終わり、ようやく過ごしやすい季節がやってきました! 食欲の秋、読書の秋と楽しい季節ですね♪ しかし、彼女や彼氏、大切な人とせっかくの秋を過ごすのであれば紅葉デートですよね? …

タイのカオサン通りでおすすめグルメ?昆虫食屋台のサソリを実食レポート!

スポンサーリンク 【本記事を読んでほしい方】 1.タイ旅行でカオサン通りに行ってみたい方。 2.タイでおもしろそうな体験をしてみたい方。 3。虫を食べてみたい方。笑   タイのバンコクにある …

タイ旅行でトゥクトゥクを極限まで楽しむ!ちょっと危険な裏側体験レポート!

スポンサーリンク 【この記事を読んでほしい方】 1.タイ旅行に行きたい&行く予定がある方。 2.タイでのちょっとグレーな場所も見てみたい方。 3.トゥクトゥクに乗ってみたい方。   今回はタ …

タイで本場ムエタイをリングサイドで観戦レポート!動画撮影も可能なバンコク・ラジャダムナンスタジアム

スポンサーリンク 【本記事を読んでほしい方】 1.タイ旅行を計画中、予定している方 2.本場のムエタイを観戦したい方 3.どこの席を買おうか迷っている方   400年以上の歴史があり、立ち技 …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索