BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

キャンプ 近畿キャンプ場

みつえ青少年旅行村キャンプ場はどんな場所?設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

投稿日:2020年6月21日 更新日:

出典:instagram(@napcamp)

三峰山の麓で大自然の中キャンプを行うことができて、巨大な滑り台などを有するアスレチックゾーンがあったり、川遊びが楽しめたりと、子供が楽しめるキャンプ場『みつえ青少年旅行村キャンプ場』。

芝生で整地されているキャンプサイトは電源付きで初心者キャンパーでも快適に過ごせる環境が整っています。

【おすすめ度】
ファミリーキャンプ★★★★★
ソロキャンプ   ★☆☆☆☆
キャンプツーリング★☆☆☆☆
デイキャンプ   ★★★★☆

今回はそんな『みつえ青少年旅行村キャンプ場』の設備や施設、キャンプサイトや周辺にある温泉も紹介します!

スポンサーリンク

みつえ青少年旅行村キャンプ場の特徴!

みつえ青少年旅行村キャンプ場の特徴は子供が楽しめる環境が揃っているキャンプ場ということ。

全長140mの超なが~いローラー滑り台があったり、ウィンタースポーツのボブスレーが体験できるスリル満点の遊具があったり、アスレチックも充実!

さらには釣り堀や魚掴みも楽しむことができて、川遊びもできちゃいます!

大自然の川というよりは人工的な川ですが、浅くて流れも弱いので子供が遊ぶには安全です。

滑り台も川に作られているのでお子さんには嬉しいですね。

サイトと設備紹介!

◆キャンプサイト

キャンプサイトはオートサイトとなっているので、区画まで車の横付けが可能です。

全区画AC電源付きで、地面は平坦で芝生なのでテントの設営は非常に楽ですね。

くかっく面積は70㎡となっており、駐車スペースも含んでいるので、正直いうと広くはないです。

ただ、区画が結構いびつで隣のサイトに駐車された車との間隔など気を遣う部分はあります。

周囲は山と森で囲まれているので景色もよく、四季折々の景色が楽しめますし、夜は星も綺麗にみることができますよ。

ゴミもきちんと分別さえすれば引き取ってもらえます。

◆バンガロー

テント泊が苦手な方にはバンガローで泊まるのもおすすめです。

しかし、最低限の設備しかないので、マットや寝袋などのキャンプ用品などがあれば持って行く必要があります。

外では屋根付きでバーベキューも楽しめますよ。

10月頃はカメムシが大量に発生するので注意です!

◆焚火や花火、ペットはOK?

焚火は直火が禁止されているため焚火台で行う必要があります。

花火は打ち上げ花火や爆竹などの音が鳴るものは禁止されているので、基本的には手持ち花火のみOKとのこと。

ペットは同伴禁止となっています。

◆トイレや炊事場は?

 

トイレは清掃が行き届いており、朝から管理人さんが掃除をしている姿が好印象でした。

トイレも水洗洋式トイレでバリアフリー化されているものもあり、快適に使用できると思います。

炊事場も綺麗でコンロなどを洗浄できるところと、食器などが洗えるところと分けられているので使いやすいです。

◆温泉やシャワーは?

場内にはお風呂もあり、大人200円子供100円で利用できますが、あまり大きいものではないようです。

コイン式シャワーもあり、5分200円で利用できます。

しかし、自分も含めてですが、多くの方は近くにある『みつえ温泉 姫石の湯』を利用するようです。(記事後半で紹介します。)

◆アスレチックはどんな感じ?

 

出典:instagram(@yasunori_camp)

斜面を利用した約140mの超なが~いローラー滑り台などが特徴的なアスレチック。

おしりに敷くシートなども借りることができます。

迫力ある遊具ですが、種類的にはそこまで多くはないので、子供が1日中遊べるというほどのものではないですね(^^;)

アスレチックゾーンでは『ボブスレー』というブレーキ付きのソリのようなものにのって、コースを滑り降りるものがありますが、これはスピードが出て迫力満点です。

二人乗りのものもあるので、小さなお子さんでも一緒に滑ることができます。

しかし、1回200円、二人乗りでは400円かかってしまうので、何度も滑ることはできません。

おもしろいアスレチックなんですが、お金がかかるとなるとちょっと高い気がしますね。

スポンサーリンク

◆川遊びや体験メニュー!

出典:instagram(@hiromik0518)

みつえ青少年旅行村キャンプ場では川遊びも行えます。

川は人工的な感じですが、底は砂利や石もあるのでサンダルや水遊び用のシューズは履いていたほうが良いです。

泳げるような深さはないので大人が楽しめるような川ではありませんが、子供には浅くて安全に遊べる環境ですね。

滑り台も設置されて非常に人気です。

体験メニューでは釣り堀で魚釣りができたり、アマゴなどのつかみ取り体験をできたりもします。

家族では非常に楽しめるキャンプ場だと思います。

キャンプ場の基本情報

◆営業時間と利用料金

4月下旬から10月末までのシーズン営業
火曜日定休日(夏休みを除く)
チェックイン12:00.チェックアウト10:00

オートサイト(AC電源付き):5,500円
バンガロー:1棟10,500円
日帰りバーベキューサイト:4,000円
日帰りサイト:1,000円

 

◆アクセス

〒633-1301 奈良県宇陀郡御杖村大字神末1790

◆キャンプ場の天気

最高のキャンプにするためにも事前のお天気チェックは忘れずに!

みつえ青少年旅行村キャンプ場周辺の天気

 

周辺の温泉情報

◆みつえ温泉 姫石の湯

出展:姫石の湯

内風呂や露天風呂、サウナが楽しめる姫石の湯。

湯冷めしにくい泉質で身体の芯からあったまることができます。

【営業時間】
11:00~20:00(19:30最終受付)
【入浴料】
大人 700円
小人 350円(3歳~小学生まで)

姫石の湯
〒633-1301 奈良県宇陀郡御杖村大字神末6330

総合レビュー!!

キャンプサイトは若干狭く感じますが設備も整っていて、快適に過ごせると思います。

アスレチックなどのアクティビティが揃っていて、お子さん連れの家族キャンプには非常におすすめ!

最近日帰りサイトもできたので、バーベキューやアスレチックを楽しんでデイキャンプをやるのもおすすめです。

ただ、ファミリーキャンパーがほとんどなので、ソロキャンプやツーリングキャンプには向かないですね。

 

スポンサーリンク

-キャンプ, 近畿キャンプ場
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

丹波篠山渓谷の森公園はどんな場所?設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@ju01ju01) 兵庫県の丹波篠山市にある自然に囲まれたキャンプ場『丹波篠山渓谷の森公園』。 神戸市内から1時間ほどで行くことができる穴場キャンプ場です …

インスタグラムやユーチューバーとして人気のかわいいキャンプ女子を紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@my.camp.style) ゆるキャン△の人気も相まって、現在空前のキャンプ人気が到来しています! 今まででは見ることすらなかったキャンプ女子も見かける …

滋賀ウッディパル余呉キャンプ場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉&観光情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@gishio) 琵琶湖の北側に広がる自然豊かなレジャーフィールド『ウッディパル余呉』。 キャンプサイトは林間区画とスキー場のゲレンデを利用したフリーサイト …

青柳浜キャンプ場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@s__ayoo) 滋賀県大津市の泳げるキャンプ場『青柳浜キャンプ場』。 目の前には琵琶湖が広がり、すぐに湖水浴を楽しむことができ、後ろには比良山系を望む大 …

ペット同伴可能!愛犬とのキャンプにおすすめできる滋賀県の人気キャンプ場を紹介!

スポンサーリンク 近畿圏内でもキャンプ場が圧倒的に多い滋賀県、琵琶湖が目の前にある湖畔キャンプ場はもちろん、森林に囲まれた林間キャンプ場や、高原キャンプ場など、様々なキャンプ場があります。 ペット同伴 …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索