250ccネイキッドバイクの中古車比較!安い車種を紹介!


車検も無くお手軽に乗れてしまう250ccバイク!

比較的安く買うことができ、カスタムもお手頃な値段で楽しめてしまう。

高速走行もそこまでしんどくは無いのでメリットは多いです!

そんな250ccバイクのネイキッドタイプを中古価格を調べてみました。

◆KAWASAKI バリオス・バリオスⅡ

1991年~発売。

最高回転数は19000rpmで甲高いサウンドは病みつきになります!

私自身2台目に乗った車両がバリオスで、1992年モデルに乗っていましたが、パワーもあって楽しめました。

1993年のA3からは40馬力ですが、それ以前のモデルは45馬力あります。

シートが低く、低身長でも乗りやすく取り回しはかなりしやすい。

リアサスが固めで、路面が荒れている道路では結構しんどいです。

1997年からは、2本ショック式リアサスペンションが採用されたバリオスIIモデルチェンジしています。

2007年で生産終了。

バリオスであれば安いもので、10万円から購入することができます。

比較的きれいな車両で20万円前後です。

バリオスⅡになると安いものでも20万円~

綺麗なものでは50万円~

生産終了してから、中古価格がかなり高くなっているように感じます。

◆HONDA ホーネット

スタイリッシュで今風のデザインであるホーネット。

13,000rpmで最高出力40馬力。

リアサスがネイキッドには珍しいモノサスペンションでこちらも見た目の好き嫌いが分かれそうなところです。

テール下に出ているマフラーがスポーツモデルっぽくてかっこいい。

タイヤが太くて直線の安定性は断トツ。

乗ってみた感じは発進が微妙、スピードに乗るとかなり乗りやすく、ハンドリングはかなり良く、誰でも乗りやすい感じです。

タンクの形状的に転倒時のダメージは大きいです。

中古価格は安いものでも23万円~

状態が良いものでは55万円~

◆SUZUKI バンディット250

1989年~2000年まで発売されたロングセラー車種。

タンクにはセパハンでハンドルを切ったときに当たらないようへこみがあるため、

セパハンで乗りたい方にはおすすめ。

高回転までよく回り、音はかなり良い!!

スピードも250ccにしてはかなり出る方で、レーシーに乗れる楽しいバイクです。

古い車種であるとともに不調になりやすいという声をよく聞きます。

特にキャブレターの不調をよく耳にします。

低速のトルクが弱く、街乗りでは乗りにくい印象。

燃費は悪め。

中古価格は15万円~

状態の良いもので35万円前後です。

◆HONDA ジェイド

旧車感が渋いホンダの名車。

1991年発売。

旧車カスタムで渋く乗りたい方におすすめ!

中低速のトルクが良く、街乗りでも扱いやすい。

古い車両の割には燃費が良く25km前後。

ホンダ車に多いカムギアトレーン特有のヒュインヒュインという音が鳴ります。

こちらも好みが分かれるポイントです。

中古で20万円前後から、新車並みにレストアされた車両で45万円前後です。

◆SUZUKI GSX250FX

見た目で「あれっ」と思った方もいるかと思いますが、見た目はバリオスⅡと瓜二つ。

というのもカワサキからスズキに2002年からOEM供給されたもので、社名以外はほぼバリオスⅡと一緒です。

カスタムパーツもバリオスⅡのものをそのまま使用することができます!

カワサキかスズキか好みで選んでOKだと思います。

中古車価格もほとんどバリオスⅡと同じで20万円からです。

◆まとめ

自分好みのバイクは見つかったでしょうか?

大体の250ネイキッドバイクは中古でも20万円前後が多いです。

見た目や排気音、自分に合ったライディングスタイルなどで選ぶのが1番良いと思います。

ぜひ、最高なバイクライフをはじめてください♪

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me