秋刀魚の塩焼きをフライパンで美味しく仕上げる焼き方を紹介!

秋の味覚と言えばサンマ!秋刀魚の塩焼きを焼く香りで秋が来たな~と感じます。

そんな秋刀魚ですが、七輪で焼くのは最高ですが、なかなかあるものではありませんし、魚焼きグリルも洗うのが面倒くさいし無いところもありますよね。

そんな時でも秋刀魚を焼くことができるのがフライパンです!

洗い物も楽ですし、焼き方を守れば綺麗に美味しく焼くことが可能です。

今回は秋刀魚の塩焼きのフライパンでの焼き方を紹介します!

秋刀魚の塩焼きフライパンでの焼き方!

秋刀魚の塩焼きを普通にフライパンで焼いてしまうとひっついてしまうので、油をひいてしまいがちなんですが秋刀魚のせっかくの風味が損なわれてしまうのであまりおすすめはできません。

フライパンで焼くときはクッキングシートを敷くのがおすすめです。

クッキングシートを敷くだけでひっつくことなく、油無しで綺麗に焼くことが可能です。

僕は秋刀魚を軽く水で流してからキッチンペーパーで水分を拭き取って塩を全体に振ってから10分ほど置いて焼くようにしています。

火は弱火でじっくり片面を焼いていき、焼ければひっくり返してもう片面を焼いて完成です。

フタをすると早く焼けますが、水分が出てべちゃっと仕上がったり臭みが残ったりしてしまいます。

フタは被せずに焼いた方がパリッと仕上がって美味しく焼けますよ。

クッキングシートが無い場合の秋刀魚の焼き方

クッキングシートが無い場合は塩焼きではなく、洋風に焼いてみるのもおすすめです。

キノコなどと一緒にオリーブオイルでホイル焼きのように仕上げてもおいしいです。

材料
・サンマ
・にんにく
・えのき
・塩コショウ
・片栗粉
・オリーブオイル
・バター

①サンマは3枚おろしにして塩コショウ、片栗粉を軽くつけます。

②フライパンにバターとオリーブオイル、スライスしたニンニク、サンマを入れて炒める。

③最後にキノコも一緒に炒めると完成です!

めちゃくちゃ簡単ですし、味も美味しいのでおすすめです!

 

また、焼くだけではなく味噌煮も美味しいのでおすすめ。

サンマの味噌煮の材料
・サンマ
・味噌
・生姜
・砂糖
・酒
・醤油

①サンマは内臓を取ってぶつ切りに、生姜は薄切りにしておきます。

②圧力鍋に生姜を敷いてサンマを並べ、水がサンマの7,8分目くらいに入れます。

③調味料が酒2:味噌1:砂糖1くらいの分量で入れて醤油は味を見ながら入れていきます。

④圧力がかかれば中弱火で約10分、弱火で5分くらい煮て、後は火を止めて圧力が抜けるまで置いておきます。

圧力鍋を使うことで骨まで柔らかく仕上げることができます。

辛めの味付けが好きな場合は砂糖は無しでもオッケーです。

まとめ

・サンマの塩焼きををフライパンで焼く場合はクッキングシートを敷いて焼くと綺麗に仕上がる。

・クッキングシートは無い場合は塩焼き以外の料理でサンマを焼くのがおすすめ!

是非秋刀魚を美味しく焼いて、秋の味覚を楽しみましょう!