仮想世界を探検する メタバースカジノの台頭

2022年、JPモルガン・チェースは、メタバースがギャンブルを含む様々な産業に大きな影響を与え、年間1兆ドル以上の収益機会があると予測している。

メタバースカジノは、暗号通貨やブロックチェーンなどのWeb3テクノロジーを活用し、パーソナライズされたアバターやソーシャルインタラクションで、完全に没入できるギャンブル体験を提供する。メタバースカジノは、暗号通貨やNFTのようなWeb3テクノロジーを利用した仮想世界を提供することで、オンラインギャンブルに革命を起こし、没入感のあるインタラクティブな体験をプレイヤーに提供しています。

ビットコインのような分散型ネットワーク上で運営されるこれらのカジノは、従来の「ハウス」アドバンテージを排除することで、公平で透明性の高いゲーム環境を提供します。ギャンブラーはアバターを作成し、様々なメタバースの世界を探検し、他の人と交流し、寛大なボーナス、インスタントペイアウト、匿名性、トークン化された報酬などの利点を享受することができる。このコンセプトが進化するにつれ、仮想現実や拡張現実デバイスがカジノ体験を強化し、プレイヤーは自宅にいながらランドベースのカジノのような交流を楽しむことができるようになるだろう。

一方、一部のオンライン・カジノはすでにWeb3テクノロジーを活用し、幅広いゲームと、インスタント・ペイアウトやKYCフリー・アカウントなどの特典を提供している。

メタバースカジノとは?

メタバースゲームと従来のオンラインゲームは大きく異なり、仮想世界でより没入的でインタラクティブなカジノ体験をユーザーに提供する。SandboxやDecentralandのようなメタバースは、プレイヤーが身元を明かすことなく夢のカジノを構築し入場できるバーチャル体験を提供する。メタバースでは、ユーザーはブラックジャック、ルーレット、バカラ、さらには暗号通貨うんぬんのようなお気に入りのゲームをプレイしながら、仮想カジノ体験に没頭することができる。

暗号カジノは非中央集権的なギャンブルを提供し、暗号通貨にアクセスできる人なら誰でも参加できる。ポーカーは、この新興だが有望な分野で最も人気のあるゲームのひとつだ。メタバースカジノでギャンブルをするには、プレイヤーは暗号ウォレットとMANA、ETH、DAIなどのデジタルトークンが必要で、すべてのゲーム結果は公平性と透明性のためにブロックチェーンによって裏付けされている。 

メタバースカジノは暗号通貨とNFTを利用し、ユーザーは不換紙幣をデジタル資産に変換して参加する必要があります。暗号通貨を使用することで、ブロックチェーン上に取引が記録されるため、セキュリティ、透明性、プライバシーが強化され、ユーザーは匿名性を保ちながら即時入出金が可能になるなどの利点があります。

例えば、あるメタバースのポーカーゲームでは、プレイヤーはウェアラブルのNFTを所有しなければ参加できないが、回避策としてウェアラブルを他人に委譲したり、無料で貸与したりすることができる。NFTの所有者は賞金の40%を受け取り、プレイヤーは損をするリスクなしにポーカーを楽しむことができる。このシステムにより、委任者は受動的な収入を得、プレイヤーはプレイしながら暗号を稼ぐというミニ経済が生まれた。しかし、デリゲートになるためのプロセスは分かりづらく、NFTオーナーの中にはこの収入に依存している人もいるため、魅力に欠ける人もいる。

メタバースカジノの合法性

メタバースはブロックチェーン上の没入型オンライン世界であり、ユーザーはスロット、ポーカー、ルーレットなどのカジノ地区でのゲームなど、様々なデジタル世界やアクティビティと交流することができる。暗号通貨やNFTのようなデジタル資産がメタバースで価値を増すにつれ、仮想体験と現実世界の経済的影響の境界線が曖昧になり、規制や法的な意味合いが強くなっています。

メタバース・ゲーミング業界は人気が高いものの、専用の規制枠組みがないことや、日本を含む世界各地でギャンブルを提供する際の法的複雑性から、課題に直面している。メタバースは現在、暗号通貨やブロックチェーンと同様、法的なガイドラインや法律が欠如している。

人気が高まるにつれ、立法者は規制、特にメタバースカジノにおける年齢確認と管轄ギャンブル法について検討する必要があるかもしれない。規制当局や立法府による新興テクノロジーの採用が遅れていることが、依然としてハードルとなっている。監督機関、ユーザーへの影響、プレーヤーの保護、運営者の説明責任に関する疑問は未解決のままである。証券規制当局によるメタバースカジノやオフショアスポーツベッティング企業に対する最近の措置だけでなく、暗号通貨に対する措置も、メタバースゲーミング領域における規制当局の監視が強化されていることを浮き彫りにしている。

一方、オンラインギャンブルや暗号ギャンブルが合法でない法域では、潜在的な法的懸念があり、課税は未解決のままである。American Gaming AssociationのChris Cylke氏は、責任あるゲーミングの保護が欠けていること、犯罪活動との潜在的な関連性、地域社会への税収がないことなど、メタバースにおける規制のないギャンブルのリスクを強調した。

業界が進化を続ける中、近い将来、メタバースカジノへの直接的な規制が予想される。ギャンブル中の安全を確保するために、プレイヤーはトークンを外部に転送する安全なトランザクションを可能にするカジノを選択することができ、KYC要件なしで匿名でギャンブルすることができ、データとプライバシーを保護することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする