中世のゲームが今ではビットコインでプレイ可能

何百年もの間、多くのギャンブラーの間でプレイされてきたバカラ。そんなバカラは、時間の経過と共に大きく変化し、数年前にはオンラインカジノでプレイできるようになりました。

そして、最近では仮想通貨を利用したビットコイン バカラが楽しまれるようになってきているのです。

では、バカラは誕生から現在まで、どのように変化してきたのでしょうか。この記事では、バカラの歴史を振り返って見ましょう。

バカラの起源

バカラがどのように誕生したかについては諸説あり、定かではありません。ただし、それらの中でもイタリアで誕生したのでないかという説が濃厚であり、バカラに関する最古の記録は、中世のイタリアに残されてるとされています。

バカラはは、1400年代にフェリックス・ファルギエールによって考案されましたとされており、彼は、バカラををイタリア語でゼロを意味する「Baccara」と名付けました。また、バカラはエトルリアの伝説に基づいているとも言われています。

最初はイタリアでプレイされていたバカラは、フランスに渡ります。フランスでは主に貴族の間でプレイされており、バカラは高貴なゲームとして扱われていました。

その後、バカラはアメリカへと渡り、ラスベガスのランドカジノでプレイされるようになったことをきっかきに、大ブームを引き起こすようになったのです。

その後、アジアへもバカラが伝わり、現在では世界中のランドカジノでバカラゲームがプレイされるようになっています。

オンラインカジノでプレイ可能に

2000年代になると、オンラインカジノが人気を集めるようになります。オンラインカジノとはインターネットを利用してカジノゲームをプレイすることができるプラットフォームのことであり、自宅でバカラをプレイすることを可能にしました。

また、バカラは貴族の間でプレイされていたことから、ランドカジノでもハイローラーに好まれてプレイされていました。そのため、最低ベット額が他のゲームよりも高く設定されており、初心者にとっては少し敷居が高いゲームだったのです。

しかし、オンラインカジノが誕生したことにより。少額でバカラがプレイできるようになりました。これにより、バカラが大衆の間でもプレイされるようになったのです。

ビットコインでのプレイ

最近では、オンラインカジノでは仮想通貨での決済を受け入れています。これに伴い、ビットコインを利用してバカラをプレイすることができるようになりました。

オンラインカジノによってはリップルやイーサリアム、ビットコインキャッシュなどのその他のアルトコインにも対応しており、仮想通貨で自由にバカラをプレイできるようになっています。

バカラで勝つことができればビットコインなどの仮想通貨を稼ぐことができるため、仮想通貨投資家からもバカラが注目されるようになってきています。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me