煽り運転をされたらどうする?ドラレコ対策や対処法は?

  • 2018年6月4日
  • 2020年4月25日

 

最近何かと問題になっている煽り運転。

私自身も2回ほど煽り運転の被害にあいました。

 

1度目は高速道路上で急な割り込みをされ、とっさにクラクションを鳴らしたところ、急ブレーキを何度もかけられる被害にあいました。

 

2度目も急な割り込みでクラクションを鳴らすと急に停車し、中から見るからにヤンキー風の男が出てきて、絡まれました。

やはり煽り運転は良い気分にはなりませんし、煽り運転をしてくるような輩は元々の運転がとにかく荒くて危ないです。

 

煽り運転から交通事故に発展し、死亡事故になったケースもあり、無理矢理停車させられてボコボコに殴られたという事件もあります。

 

そんな煽り運転の対策や対処法を紹介します。

 

やっぱり対策はドラレコが1番?

 

煽り運転被害に、非常に効果を発揮するのがドライブレコーダーです!

今ではトラベル防止のために設置している人もかなり多くなり、新車を買う場合もドライブレコーダーを付けて当たり前の時代になりました。

 

煽り運転をしてきて、警察を呼んだ場合でも、文句を言い続けていた相手が側がドラレコで撮られているのに気付いた途端、おとなしくなったという話も多いです。

 

事故にまで発展した場合、高い確立で文句をつけてくる可能性が高いのでドラレコの録画は最大の武器となります。

後方での煽り運転にも対応するために、後部用のドライブレコーダーも取り付けておくことも必要です。

 

 

なお、警察が来る前にドラレコで撮っていることを言うと逆上してくる場合もありますので注意してください。

 

煽り運転された場合の対処法

 

ドライブレコーダーを設置していても、煽り運転の被害h避けられません。

では、煽り運転に出くわした場合はどうすればよいのでしょうか?

 

・まずは相手にしないこと!

これが1番大切です。

 

前方で煽られたときは車間距離を取ってやり過ごすか、停車してやり過ごしましょう。

進路を変えることも有効です。

とにかく関わらないことが重要です。

 

相手が停車し、車から降りてきたらどうする?

 

相手が停車し、降りてきた場合も基本的には相手にしはいけません。

逃げると追いかけてくる可能性がありますので、停車して警察に通報するのが無難です。

ドアを開けてくる可能性もありますので、ドアのロックもかけ忘れないでくださいね!

 

 

まとめ

 

煽り運転をする人にまともな人はいません!!

腹は立つかもしれませんが相手にしないことが重要です。

 

私は相手が下りてきたときに、こちらも降りて文句を言い返してしまい、警察も来てややこしいことになってしまいましたので、二度と煽り運転をしてくるような人とは関わらないようにしようと誓いました。笑

 

何にしろ車を運転する際は、譲り合いの心と安全運転を心掛けましょう♪