お風呂場の水垢はクエン酸を使え!簡単な落とし方を紹介!

毎日使用するお風呂ですが、最も厄介なのが水垢ではないでしょうか?

お風呂は水垢がたまりやすく、鏡はもちろんシャワーや浴槽など様々な場所に水垢が付着していきます。

しかもこれが普通に洗ってもなかなか取れない!

はっきり言って、お風呂の掃除のときに毎回ゴシゴシこすっても労力の無駄使いです!

そんな水垢ですがクエン酸を使用することでゴシゴシこすることなく簡単に落とすことができるんです!

今回はそんなクエン酸を使った水垢の落とし方を紹介いたします!

なぜお風呂場に水垢がたまるのか

お風呂掃除の天敵ともいえる厄介な水垢。

そもそも何故水垢がたまるのでしょうか?

毎日お風呂掃除して、しっかり洗剤で洗っていたとしても水垢は発生してしまいます。

水垢の原因は水道水に含まれるミネラルやカルシウムが固まることが原因で発生します。

どれだけお風呂掃除をしてようが、最後にはシャワーの水で洗い流すことになるので結局その水が乾いた際に水垢が発生してしまうことになります。

そして、シンクや鏡は非常に水垢が目立つのでまさにお風呂の天敵です。

水垢落としはクエン酸が有効

お風呂用の洗剤ですらなかなか太刀打ちできない水垢ですが、簡単に落としてしまうことができるのがクエン酸です。

なぜクエン酸で水垢を落とすことができるのでしょうか?

実は水垢はアルカリ性の性質を持っており、クエン酸は反対の酸性の性質を持っています。

アルカリ性に対して酸性を使用することで中和されるので水垢を綺麗に落としてしまうことができるんです。

ちなみに料理などで使用するお酢も酸性の性質を持っているのでクエン酸がなくてもお酢で代用することが可能です。

クエン酸を使用した水垢の落とし方

準備するもの
・クエン酸(又はお酢)
・霧吹き
・スポンジ

まずは霧吹きに水を入れクエン酸の粉を溶かします。

クエン酸の量は適当ですが、私の場合は霧吹きにスプーンで2~3杯ほど入れて使用しています。

汚れが落ちない場合は濃度を濃くするなどでして調整してみてください。

スプレータイプのクエン酸も販売されているのでそちらを使用するのもありですね。

使用方法はクエン酸スプレーを水垢が気になる場所にまんべんなくスプレーします。

この時濡れていると効果が弱くなるので、しっかり乾燥している時にスプレーした方が良いです。

スプレーが終われば30分ほど放置してからスポンジでこすって洗い流すだけです。

しつこい水垢汚れにはキッチンペーパーを被せて、クエン酸スプレーでキッチンペーパーにクエン酸をたっぷり含ませてあげましょう。

そのまま数時間放置して同じようにスポンジでこすって洗い流します。

長時間放置する場合は蒸発しないようにサランラップを被せると効果的です。

重曹を使用して落とす方法

クエン酸と同じように有名な水垢落としの方法が重曹を使用した方法です。

しかし、重曹は水垢と同じアルカリ性なのでクエン酸のように水垢を中和する力はありません。

重曹での水垢落としは重曹の研磨する力を利用した方法で磨き上げることで綺麗にします。

ですので、クエン酸を使用して水垢を中和して落としたあとに重曹を使用して仕上げを行うとより効果的でおすすめです。

重曹が無い場合は歯磨き粉を使って磨くのも効果があるのでおすすめですよ!

水垢落とし専用の洗剤を使う

上で紹介した方法でも水垢が取れないくらい頑固なものは最終手段として水垢取り専用の洗剤を使ってみましょう。

私自身、様々な水垢用洗剤を使ってきましたが、意外と取れないものが多いんです。笑

そんな中でも非常に効果があった最強の水垢落とし用洗剤を紹介します。

それがこの「リンレイ ウルトラハードクリーナー」です。

使い方はスポンジやタオルにこのクリーナー液を付けて、擦って洗い流します。

ひどい水垢にはクリームを塗って数分放置した後に擦って洗い流すだけです。

「激落ちくん」などの汚れ落とし専用スポンジを使うとより効果的なので是非使ってみてください。

まとめ

以上!クエン酸を使用した水垢の落とし方を紹介しました。

・水垢はアルカリ性のため酸性であるクエン酸やお酢で落とすことができる。

・重曹や歯磨き粉などの研磨効果があるもので仕上げの磨きを行うとより効果的。

・最終手段は水垢落とし専用洗剤+汚れ落とし専用スポンジの併用。

お風呂場の水垢を完全に取り除いて、気持ち良く入浴を楽しみましょう!