家でもできる眼鏡を綺麗に洗う簡単な洗浄方法を紹介!

メガネのレンズは非常に汚れやすく、手の脂汚れなどや花粉など色々な汚れが付着して、どんどんとクリアに見えにくくなっていきます。

メガネクロスで拭くだけでは取り切れない汚れもあるので、たまには綺麗に洗浄してあげる必要があります。

しかし、メガネ屋さんで超音波洗浄までするのは面倒くさい。。

そんなときに家でも簡単にできるメガネの洗浄方法を紹介いたします!

 家でできる眼鏡の洗浄方法

用意するもの
・食器用中性洗剤
・洗面器(無くてもOK)
・ティッシュ
・メガネクロス

家で眼鏡を洗浄するときに使用する洗剤は食器用の中性洗剤です。

簡単に綺麗に洗浄することが可能です。

①水で眼鏡を綺麗に洗い流す

まずは水道の流水で眼鏡を洗い流します。

レンズに細かなほこりや砂などが付着していると傷がついてしまう恐れもあるので水で綺麗に洗い流しましょう。

このときお湯は使わずに水を使用するようにしましょう。

お湯をレンズにかけてしまうと温度変化によってレンズが劣化してしまいます。

②中性洗剤をとかした水で眼鏡を洗浄

洗面器にメガネが浸かるくらい水をためて、食器用中性洗剤を少量投入して混ぜます。

そこにメガネ全体を浸すようにしてレンズの両面を指の腹で洗っていきます。

丁番部分に汚れがたまっている場合は水の中で動かしながら洗浄します。

丁番に汚れが詰まっている場合は歯ブラシなどで洗浄しても良いでしょう。

洗面器などに水をためるのが面倒くさい場合は中性洗剤で直接レンズを洗浄しても大丈夫です。

③流水で洗剤を洗い流す

洗浄したメガネは再度流水で洗い流します。

洗剤が残らないように丁寧に洗い流しましょう。

④ティッシュで水気を拭く

水で流したメガネに付着した水分をティッシュで拭き取っていきます。

⑤仕上げにメガネクロスで拭いて完了

水気を拭きとることができれば仕上げにメガネクロスでレンズを拭いて完了です。

やってはいけないメガネの洗い方

よくあるメガネの洗い方にお風呂のついでに洗ってしまうという方法。

正直、自分もお風呂ついでに洗っていましたが、先にも説明したようにお湯で眼鏡にかけてしまうと温度変化で劣化してしまいます。

さらにお風呂でボディソープやシャンプーを使って洗ってしまう方もいらっしゃいますが、これはもっとNGです!

ボディソープなどは中性洗剤ではなく、アルカリ性や弱酸性などのものが多く、レンズ表面のコーティングを剥がしてしまうおそれがあるんです。。

ですのでメガネを洗浄する場合は、洗剤が中性であることを確認して、冷たい水で洗うようにしましょう。

メガネ専用クリーナーもおすすめ

食器用中性洗剤で毎回洗浄するのも良いですが、市販のメガネクリーナーも結構おすすめです。

使い方はほとんど同じで最初に水道水で綺麗にメガネを洗い流してから。レンズの両面にメガネクリーナーを付けて、指の腹で軽く洗います。

専用のメガネクリーナーを使用するメリットは静電気が抑えられるということで、レンズに静電気がたまらないのでほこりなどが付着しにくくなります。

一度の洗浄で少量しか使わないので長期間持ちますし、便利ですよ!

出先でも簡単に洗浄したいという場合には使い捨てのウェットティッシュタイプのクリーナーも便利です。

鞄に忍ばせておくことができるので、いつでも簡単に洗浄することができておすすめです。

まとめ

家でもできる眼鏡の洗浄方法を紹介いたしました。

家で眼鏡を洗う場合に気をつけるポイントは、”お湯を使わない” ”中性洗剤を使用すること” の2点です。

これさえ守っていれば多少手順が違っていても綺麗になります。笑

これで大概の汚れは綺麗にすることができますが、それでも取れない汚れなどであれば、眼鏡屋さんに持って行って超音波洗浄機にかけてもらいましょう。