回るタイプと回らない電子レンジどっちの方がいい?メリットとデメリットを紹介!

食べ物や飲み物を簡単に温めることができる電子レンジ。

今では様々な調理にも使うことができて、非常に便利な家電となっています。

しかし、この電子レンジには中でターンテーブルが回るタイプのものとターンテーブルの無い、回らないタイプのものがあります。

正直、違いが分からないし、どっちが良いのか分からない!

自分も一人暮らしを始める際にこの2つのタイプでどちらを購入するか非常に悩みました。。

今回はそんな2つのタイプの電子レンジをそれぞれのメリットとデメリットを紹介します!

回るレンジと回らないレンジの違いとは!

電子レンジは英語でマイクロウェーブ・オーブン(microwave oven)と言い、マイクロ波を発して物を温めています。

食品に含まれる水分子を2450MHzのマイクロ波で振動させることによって摩擦熱を発生させる誘電加熱によって温めているんです。

電子レンジは内部がステンレスなどの金属で覆われていて、この壁でマイクロ波を反射させているんですが、どうしても電気振動の振幅が大きいところと小さいところが生まれてしまい加熱ムラが発生してしまいます。

回るレンジはターンテーブル方式といい、電子レンジ内で食品を回すことによって均一にマイクロ波を当て、加熱ムラを軽減するようにした電子レンジを言います。

対して、回らないレンジはスターラー方式またはフラットテーブル式と言います。

このスターラー方式は食品を直接動かして温めるターンテーブル方式とは逆の発想で、マイクロ波をかき混ぜる仕組みになっています。

マイクロ波を電子レンジ内に放出する部分に金属羽を設置して回転させることによりマイクロ波をかき混ぜ、食品全体に電波を当てて均一に温めるようにしています。

ちなみにこの羽は隠れているので目視で確認することはできません。

ターンテーブル方式のメリット&デメリット

回る電子レンジであるターンテーブル方式の第1のメリットはコスパが優秀ということ!

製造コストがスターラー方式よりも圧倒的に安いので、数千円で購入することが可能です。

また、安くても加熱ムラがある程度安定していることもメリットのひとつです。

食品を直接動かして加熱するので安価なレンジであってもある程度はムラなく全体的に加熱することが可能です。

対してデメリットは大きいものの加熱に適していないということ。

例えばコンビニ弁当を加熱する際、レンジの中に納まったとしても角が当たって、ターンテーブルのみが空回りといった現象が起きてしまうと均一に加熱することができなくなります。

ターンテーブルの円形内に収まるものでしか、均一に温めることができないので大きいものを温めるのには適していません。

また、形がいびつなものや、複数の物を加熱する場合、均一にマイクロ波が当たらず、加熱ムラができやすいという難点もあります。

ターンテーブル方式をおすすめできる人

ターンテーブル方式の電子レンジは、

・とにかく安い値段で済ましたい人

・電子レンジの目的が温めるだけの人

におすすめです。

ターンテーブル方式は基本的には温めるだけしかできないので、食品が温まればOKという人には安価で購入できるのでおすすめです。

スターラー方式のメリット・デメリット

スターラー方式のメリットはどのような形状であっても、複数個のものであっても均一に加熱しやすいということです。

マイクロ波を拡散させて温めるので、どのような形状であっても均一にマイクロ波が行き渡りやすく、加熱ムラなく温めることができます。

また、ターンテーブルがないので、電子レンジ内のスペースをフルに活用して食品を温めることが可能です。

庫内はフラットになっているので、もし食品などが吹きこぼれなどを起こしても拭き取りやすく、清掃しやすいのもメリットのひとつですね。

高性能な電子レンジはスターラー方式がほとんどで、オーブン料理などの複雑な調理も電子レンジで可能な点も人気を集める理由となっています。

対してスターラー方式のデメリットは性能差が出やすいということです。

安物のスターラー方式では加熱ムラが大きすぎてまともに温めることができないものもあります。

実際、私が一人暮らしを始める時に買った安物のスターラー方式レンジは温めると片側だけが熱々で反対側は冷え冷えのままという現象に悩まされ、いちいち食品の向きを変えて温めなおすという手間が増えて後悔しました。笑

スターラー方式の電子レンジはターンテーブル方式よりも性能差が顕著に表れるので、電子レンジを選ぶ際は口コミやレビューなどをしっかり調べてから購入したほうが良いでしょう。

スターラー方式をおすすめできる人

スターラー方式の電子レンジは、

・電子レンジひとつで様々な料理に挑戦してみたい人

・1度に多くのものを温めたい人

・温度設定や重量などで細かな設定を行いたい人

におすすめです。

料理が好きな人には価格は高めですが、調理の幅も広がりますし、細かな調整も可能なので圧倒的にスターラー方式の電子レンジがおすすめです。

まとめ

回るタイプであるターンテーブル方式電子レンジと回らないタイプのスターラー方式(フラットテーブル式)電子レンジのメリット&デメリットを紹介いたしました。

どちらにも良い点と悪い点があるので、自分の用途に適した方を選んでみてください。

この記事が少しでも電子レンジ選びの参考になれば幸いです!