自転車のベルの装着は義務付けられている?道路交通法上はどうなってるの?

ママチャリなどには当たりまえのように付いている自転車の必需品ベルですが、ロードバイクなどのスポーツ系の自転車にはほとんど付いていないですよね。そして、ロードバイクにベルを付けると見た目的にもダサい。。

自分はベルなんて今までに鳴らしたこともないし、いらないかなと思っている方も多いはずです。

そんなベルですが、法律上は付けなくても良いのでしょうか?

今回は道路交通法上の自転車ベルの設置についてお話ししていきます!

自転車のベルは必ず付けないといけない?

結論を言うと道路交通法上の自転車のベルの取り付けていないと違反になります!

ママチャリなどでは最初からほぼ全てにベルは取り付けられていますし、必要ないからといって取り外す方はいないと思いますが、ロードバイクなどでは取り付けていない方のほうが多いんじゃないでしょうか?販売されている時にベルが付いているものはほとんどないですし、見た目や使用頻度からいってもわざわざ購入してまで取り付ける人は少ないかと思います。

今では広く周知されていますが、自転車は軽車両に分類されているので、車と同じように交通法規を守らなければなりません!

道路交通法第54条(警音器の使用等)では以下のように記載されています。

第五十四条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
(罰則 第一項については第百二十条第一項第八号、同条第二項 第二項については第百十七条の二第六号、第百十七条の二の二第十一号ト、第百二十一条第一項第六号)

自転車以外の軽車両を除く』とのことなので、もちろん自転車も守らなければならない法律です。次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。と表記されており、見通しのきかない交差点や道路標識等により指定された区間では必ず鳴らさないといけないわけです!

ちなみに「道路標識等により指定された区間」というのは『警笛鳴らせ』などの標識で下図のようなマークです。

街中で見かけることは少ない標識かもしれませんが、山中の道などではしばしば見かけます。

この標識がある場所では車だけではなく、自転車もベルを鳴らしながら走行しなければ違反となってしまうので注意しましょう。

自転車のベルは基本的に人に鳴らしてはいけない!

上記の道路交通法第54条(警音器の使用等)で気になる文がありませんでしたか?

警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。」という部分。

街中を見ていて自転車のベルが最もよく使われているのが歩行者に対しての警音ですが、これは違反になるということ!

歩道はそもそも自転車の走行は禁止なので、歩道で歩行者に対してベルを鳴らしている時点で違反しまくりということになってしまいます。

『ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。』ともありますが、私は自分の存在に相手が気付いておらず衝突の危険がある場合等と解釈しています。

たとえば車がバックしてきていて、自分の存在に気付いておらず轢かれそうな場合などが該当するかなと思いますが、自転車のベルをチリンチリン鳴らしたところで気付いてもらえるかは不明です。

ロードバイクなどにおすすめのベルを紹介!

自転車にはベルの取り付けが必須だということは分かりましたが、やっぱりロードバイクやクロスバイクなどにベルを付けるのはダサい。。

という方におすすめなのがリング型の自転車ベルです。

私は中古でビアンキのクロスバイクに乗っているんですが、ちょうどこのリング型ベルが取り付けられていました。このベルが全く目立たないので自転車の見た目を損ねることがないので超おすすめ!

私はこのベルが付いていることに全然気づいていませんでした。笑

見た目が嫌でベルの取り付けを躊躇している方はぜひ試してみてください!

とくに黒のハンドルでブラックカラーを取り付けたらほとんど目立たないですよ。

まとめ

・自転車のベルは道路交通法上取り付けが義務付けられている!

・見通しのきかない交差点や道路標識等により指定された区間では必ず鳴らさないといけない!

・ベルは歩行者に対して鳴らしてはいけない!

・ベルの見た目が気になる方にはリング型ベルがおすすめ!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me