二度寝は脳にダメージを与えるって本当?体に悪いと言われる理由とその効果。

毎朝快適な目覚める人は良いですが、眠くてもうちょっと寝ていたいなと思う人も多いはず。

私もそのひとりで、そんな状態で5分だけでも二度寝すると最高に幸せな気持ちになるんですよね。

二度寝をするために10分ほど早く目覚ましを設定して起きていたという時もありましたし、今もそうやっているという方も実は多いんじゃないでしょうか?

そんな最高に幸せな気分になれる二度寝なんですが、脳にダメージを与えているといった噂だったり、身体に悪いという話もよく聞いたりします。

実際、二度寝が身体に与える効果や影響はあるのか?

今日はそんな二度寝についてお話しします。

二度寝には心が幸せに感じる効果がある!

二度寝をすると非常に幸せな気持ちになりますが、そんな気分になるのにも理由があるんです。

人は起床後の活動に備え、起きる1~2時間ほど前からステロイドホルモンである「コルチゾール」分泌されます。

このコルチゾールは抗ストレスホルモンとも呼ばれストレス耐性をになっているホルモンです。

さらに二度寝を行うと神経伝達物質のひとつである「エンドルフィン」までも分泌されます。

このエンドルフィンは内在性鎮痛系にかかわり、多幸感をもたらしてくれるもので「脳内麻薬」とも言われているものです。

そんな「コルチゾール」や「エンドルフィン」が二度寝をすることで分泌されるんですから、幸せな気分にならないわけがないんです。

これだけを聴いていれば簡単に幸せな気分を味わうことができる二度寝は非常に良いものだと感じますが、毎日二度寝をしていると身体に悪影響を生じる恐れがあります。

二度寝が身体に悪いと言われる理由

二度寝を毎日のように繰り返していると肥満・鬱病・認知症・糖尿病などを引き起こすリスクも高まると言われています。

さらに、二度寝で最も身体に影響を及ぼすのは「睡眠効率」の低下です。

寝起きがスッキリしないからこそ行う二度寝ですが、この二度寝が原因で質の良い睡眠ができず、逆に疲れを貯めてしまっていることがあります。

人間は90分周期で身体は寝ていて脳は起きている浅い眠りである「レム睡眠」と身体も脳も眠っている「ノンレム睡眠」を繰り返しています。

一度起きたのにも関わらず、あと5分だけ。。と二度寝をしてしまうと「ノンレム睡眠」に入るまでに目覚めることになります。

目覚ましのスヌーズ機能などで、数分おきに何度も寝て起きてを繰り返す場合は、浅い眠りを繰り返すことになってしまい効率の良い睡眠とはいえませんし、余計に脳が疲労してしまうことになるんです。

二度寝が常習化するとストレスも貯まる。

前述で二度寝は「コルチゾール」や「エンドルフィン」を分泌し、幸せな気分が味わえると説明しました。

しかし、二度寝が常習化してしまうと話は変わってくるんです。

コルチゾールは起床後の活動に備えて分泌されるものですが、毎回二度寝を行うと起きた後の活動がないので、身体はコルチゾールを不要なものだと判断してしまします。

コルチゾールの分泌が減少してしまうと寝起きは悪くなりますし、ストレス耐性を担っているホルモンでもあるため、ストレスをため込みやすくなり、「鬱病」を引き起こすリスクも高めてしまうんです。

コルチゾールの減少は認知症リスクも高めてしまうので注意が必要です。

二度寝は筋肉も付きにくく、肥満にもなりやすい。

二度寝のさまざまなリスクをお話ししましたが、二度寝はさらに肥満になりやすいといったデメリットもあるんです。

起床後の活動のために分泌されるコルチゾールは血糖値を上げる働きも担っています。

二度寝をするということは血糖値が高まった状態で寝るということになり、ご飯を食べた直後に寝るのと同じ状態になるんです。

すると身体はもちろん肥満にもなりやすく、筋肉も付きづらい状態になってしまうので、スポーツをしている方にとっても二度寝はあまりおすすめできません。

おすすめの睡眠方法!

90分周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返している以上、おすすめはやはり90分の倍数で睡眠時間を調整して起きることで快適に目覚めることができます。

しかし、私もそうなんですが寝つきが悪すぎて、90分周期で調整することができないんです。。

結局目覚めも悪くなってしまうということにもなってしまうので、できる限り快適に眠れる環境をつくるようにしています。

夏場では室温を26度前後に設定し、冬場は18度前後、湿度は50~60%を保つようにすることでより質の高い睡眠を行うことが可能です。

朝起床すればどれだけ眠たくても二度寝は行わず太陽の日を浴びることで体内時計を整えるようにしています。

どうしても眠たい場合は、二度寝ではなく、昼寝を行うようにしています。

昼寝は集中力なども高まるので非常におすすめですよ!

まとめ

たまーにおこなう二度寝は幸福感を感じれる効果もあるので良いかもしれませんが、二度寝が習慣づいてしまうと身体によいことは一切ありません。

疲労も抜けませんし、ストレスや肥満の原因、糖尿病や認知症などのリスクも高めてしまうことにもなります。

しっかりと毎日の睡眠サイクルを整え、体内時計を正常に整えることで二度寝をする必要のない快適な目覚めにもつながるので、どうしても二度寝してしまう方は一度自分の睡眠を見直してみるのも良いかもしれません。

どうしても眠い場合は二度寝より、昼寝!!

しっかり質の良い睡眠をとって、快適に健康にいきましょう!