マウスパッドの滑りが悪い?シリコンスプレー以上に滑りを良くする方法!

パソコンを使用するうえで必ずといってもいいほど使用するマウス。マウスを動かすときに滑りが悪かったり、ひっかりがあったりすると非常に作業効率が落ちてストレスになりますよね!

特にゲーム用に使用しているマウスで滑りが悪いとイライラがつもります。笑

そんなときにはマウスのソールを掃除したり、別のソールを追加で貼り付ける方法。さらにはマウスパッドを洗濯してみたりなど、様々な方法がありますが、その中でも最も滑りが良くなるという最強の方法が機械用のシリコンスプレーを使用した方法です!

しかし!そんなシリコンスプレーよりも非常に気持ちよくマウスが滑りやすくなるおすすめの方法があるので紹介します!

シリコンスプレー以上に滑りを良くするおすすめ方法!

通常マウスの滑りが悪い時に滑りが良くなる最強の方法として人気なのがKUREなどの機械用潤滑剤であるシリコンスプレーをマウスパッドやマウスに吹きかけて使用する方法です。

この方法も確かにマウスの滑りはかなり良くなりますし、非常におすすめできる方法です。

メリットとしてはスプレーが安価で手に入れやすくコスパ抜群ということ。

しかし、どうしても機械用ということで、マウスパッドに吹きかけるとどうしても油分が少し気になるところでした。

そんな中で他にもっとベストなものがないか探しまわっていた時に見つけたものが「布用潤滑剤ニッティング」です。

ニッティングもシリコンスプレーの一種なんですが、アイロンやミシンを使用する際に布地の滑りを良くするための布用潤滑剤で機械用よりも油分が少なく非常にサラサラとした肌触りなんです。

布用のマウスパッドはもちろん。プラスチック製や金属製であっても滑りはかなり良くなります。

滑りやすさでいえば機械用シリコンスプレー以上だと思います。

価格は機械用シリコンスプレーよりも高価ですし、お店で購入しようとすると手芸屋さんなどでしか売っていないのですが、非常におすすめですので是非試してみてください!

 

マウスの滑りが悪い原因とその他の対処法!

ニッティングスプレーを使えば一瞬で滑りが見違えるほど良くなるんですが、そもそもマウスが滑らない原因はいくつかありますので、それらの対処法も紹介します。

・マウスのソールが汚れている!

マウスのソールというのはマウスの裏に張り付いている布地の部分です。

長年マウスを使用しているとこのソール部分がゴミやほこりを拾って滑りが悪くなっていることがあります。隙間にほこりやゴミが挟まっている場合はつまようじなどでほじくり出して綺麗にしましょう。

また、このソール部分に上記で紹介した「ニッティング」を吹くと非常に滑りが良くなりますよ!

ソールがかなり汚れている場合はソールの交換がおすすめです。

ソールは特定のマウス専用のものや、汎用のものなどがありますので、自分のマウスに合ったものを購入しましょう。

汎用のソールでも数枚貼って「ニッティング」 を吹けば、めちゃくちゃ滑りが良くなりますよ!

・マウスパッドが原因!

マウスが滑りにくくなる原因でソールとともに多い原因がマウスパッドです。

布製のマウスパッドはリーズナブルで良いのですが、劣化が早く、マウスが滑りにくくなるのも比較的早いです。

マウスパッドの汚れが原因になっていることも多いので、こまめに洗ってあげることで滑りが改善される場合も多いですよ。

プラスチック製のマウスパッドであっても布製より耐久性があるものの、長期間使用すれば滑りも悪くなってきます。

プラスチック製マウスパッドも手脂などで滑りが悪くなる場合があるので、定期的な洗浄は必須です。

また、素材が固い分、細かな傷などがついてしまうと急激に滑りが悪くなってしまいます。

新品の滑りが良い状態であっても「ニッティング」を吹いてコーティングすることで、摩擦が少なくなり傷もつきにくく、マウスパッドの寿命が延びたように感じています。

 

まとめ!

以上おすすめするマウスの滑りを良くする方法を紹介しました。

ニッティングを吹きかけるだけでもびっくりするぐらい滑るようになりますが、まずは、マウスやマウスパッドの掃除やマウスソールの交換などを一通り行ってから、布用潤滑剤であるニッティングを使用してみることをおすすめします。

本当に劇的に滑りがよくなりますよ!

ネット上ではKUREなどのシリコンスプレーをおすすめしている方が多く、実際に使用している人も多いと思いますが、認知度も低いニッティングを使っている人は非常に少ないと思います。

少しお値段も高めですが、ゲームなどでマウスの滑りが良ければ良いほどやりやすいという方には本当におすすめできる方法なので是非お試しください!