布製マウスパッドの洗い方やおすすめ修復方法&手入れ方法を紹介!

毎日パソコンを使う人にとって、ストレスなくマウスを操作するのには欠かせないのがマウスパッドではないでしょうか?

マウスを動かすことで机に傷を付けることもなく、カーソルも円滑にスムーズに動いてくれるので私にとっては無くてはならない存在!

そんなマウスパッドですが、今となっては素材も色々。ガラス製のものや金属製、プラスチック、柔らかな感触のジェルが入ったものなど様々です。

最近ではパソコンゲーム専用のゲーミングマウスパッドなるものも人気ですね。

そんな中でも最も安価で手に入れやすいものが布製のマウスパッド!操作性も問題ないですし、最も愛用者が多いマウスパッドかなとも思います。

そんな布製マウスパッドですが、デメリットとしては「汚れやすい」「傷みやすい」。。

今回はそんな布製マウスパッドの洗い方や手入れ方法などを紹介いたします!

 布製マウスパッドの洗い方!

布製マウスパッドの洗い方としては型崩れすることもなく、ダメージも少ない手洗いがおすすめです。

方法としては洗面器などに40℃前後のぬるま湯をためてマウスパッドを投入。

基本はお湯の中で指で軽くマウスパッドこすりながら洗浄します。

汚れがひどい場合や臭いが気になる場合などは少量の洗濯用洗剤や重曹を入れてみましょう。

ブラシなどで強くこすったりするとほつれの原因にもなるのでやめておきましょうね。

・洗濯機でも洗える?

布製マウスパッドでやってしまいがちなのが洗濯機での洗濯。

私自身、手洗いが面倒で何度か洗濯物と一緒に洗濯機で洗ったことがありますが、折れ目が付いてしまったり表面が剥がれたりと傷むスピードも速くなってしまうのでおすすめはしません。

 

表面が剥がれてきた時のおすすめ修復方法!

布製のマウスパッドで汚れとともによくあることが表面の剥がれです。

長い間使用しているとマウスパッドの縁から徐々に表面の布が剥がれてくるんですよね。

修復方法として真っ先に思い浮かぶのが接着剤での貼り付けではないでしょうか?瞬間接着剤などでは一瞬で貼り付けすることができるんですが、カチカチに固まってしまいますし、シミができてしまうのでおすすめはできません。

布専用の接着剤なども売られていますが、生地が薄いマウスパッドではどうしてもシミが表からも目立ってしまうんですよね。

しかも伸縮性のある布地の場合はくっつく前にまた剥がれちゃったりと面倒くさい。

とういうことで!おすすめなのが布用両面テープです!

色も透明で厚さも薄いのでハサミで切り取って綺麗に貼り付ければ、接着剤のようなシミも出ることなく意外と綺麗に貼り付けることができます。

接着力も非常に強力なので、簡単にはがれることもありません!

ただし、水洗いが不可になるので注意が必要です。

布用両面テープで修復した場合の洗いは、ウエットティッシュや濡れタオルなどで拭き取るくらいにしておきましょう。

 

布製マウスパッドの滑りが悪くなった場合の対処法!

布製マウスパッドを長い期間使用しているとマウスの滑りが悪くなってきて、操作しにくくなることがあると思います。

そんな場合のおすすめ対処法が潤滑剤であるシリコンスプレーを吹きかけること!

ということで、多くのブログでシリコンスプレーを推奨していますが、”ちょっと待ってください!!”

確かにシリコンスプレーを布製マウスパッドに吹きかけるとマウスの滑りが良くなるんですが、機械用潤滑剤であるシリコンスプレーを吹きかけると油分が多くて少しぬるっとした感触が気になるんです。

「俺は全然気にしないぜ!」っていう人はいいんですが、私のおすすめは断然「ニッティング」です!

裁縫などをする方は知っているかもしれませんが、アイロンやミシンなどを使用する時に布の滑りを良くする布用の潤滑材です。

肌触りもめちゃくちゃサラサラで最高ですし、布用なのでシミ付くこともなく、マウスの滑りも最高ですよ!

まとめ!

・布製マウスパッドは基本的には手洗いで!

・ぬるま湯の中で軽く手で洗うべし。

・汚れがひどい場合は重曹や洗濯用洗剤を使用。

・表面が剥がれた場合のおすすめ修復方法は布用両面テープ

・滑りが悪くなってしまった場合は布用潤滑剤「ニッティング」がおすすめ!

以上、布製マウスパッドの洗い方とおすすめ修復方法&手入れ方法でした。

少しでもお役に立てると幸いです!