手書き文章をラインに投稿できる超便利な文字認識機能を紹介!外国語翻訳も可能!

いまや利用していない人のほうが珍しい無料通話・メールアプリ「LINE」。

実はラインには色々と便利な機能があるんです!

今回はそんな中でも、手書きの文字や本の文章など、カメラで認識させてあげるだけで文字をおこすことできる便利な機能『文字認識』について紹介します!

ラインの文字認識機能とは

ラインの文字認識機能はラインでのトーク時に使用することができる機能のひとつです。

カメラを起動して手書きの文章や、本の文章などをスマホに見せることで文字を全ておこしてしまうことが可能です。

認識した文章はコピーできるのでトーク画面にペーストして投稿することもできますし、ライン以外でもペーストすることが可能です。

文字認識アプリの代わりに使用することもできるので、手書きの文章やいただいた名刺のデータなど、パソコンやスマホに入力したい場合にも使用しています。

文字認識機能の使い方

まずはラインを起動してトーク画面を開きます。

左下のカメラマークをタップしてカメラを起動させます。

 

 

画面下の「写真」の左2つ目に「文字認識」があるのでタップします。

写真を撮る要領で〇をタップすると文字が認識されます。

緑のマーカーがひかれている部分が認識された文章で、文章がいくつかある場合は、ここで認識したい文章だけを指でなぞることで選択することも可能です。

今回はパソコンで入力したものですが、手書きの文章でも問題なく認識できます。

画面右下にある「シェア」をタップするとトーク画面に認識した文字を入力した状態になりますが、投稿はされていない状態なので、いらない部分を削除したりすることも可能です。

また、認識した文章の上にある「コピー」をタップすることで文章をコピーできるので別の場所でペーストしたい場合は「コピー」を使用します。

さらに、左下にある「英語に翻訳」をタップすると認識した文章を英語に翻訳することも可能です。

同じように「シェア」ボタンのタップで翻訳した英語がトーク画面に入力され、「コピー」ボタンをタップで翻訳した文章をコピーすることができます。

画面下の「英語」をタップすると他にも韓国語や中国語にも翻訳可能です。

まとめ

ラインの文字認識機能いかがだったでしょうか?

操作も簡単で使いやすいので非常に便利です。

文字の認識アプリは他にも色々ありますが、ラインの文字認識をだけで十分に使えます。

余計なアプリをインストールしてスマホが重くなるのも嫌なので、文字認識はラインだけでも十分ですよ!

是非利用してみてください!