ファイナルファンタジーの人気ゲーム

ファイナルファンタジーシリーズといえば、その素晴らしいゲームプレイとメカニズムに勝るものは他にありません。

本シリーズのゲーム、スピンオフ作品、グッズは数え切れないほどあり、その人気は衰えることを知りません。この日本のRPGスタイルのおとぎ話は、どのゲームにおいても最高のストーリー、音楽、キャラクターを誇っています。

しかし、すでに存在する数多くのゲームの中で、特におすすめなのはどのゲームなのでしょうか。一番優れているゲームを知って、記憶に残るゲーム体験を始めましょう。

ファイナルファンタジーVII

ファイナルファンタジーVIIは、15作あるシリーズの中でも画期的な作品であり、リメイクされたばかりのものです。クラウドやエアリスといった最も象徴的なキャラクターが登場するFF9と同様、VIIもプロットとメカニックの面で、大きな魅力を備えています。しかし、ファイナルファンタジーVIIの革命的な変化はそのグラフィックにあり、2000年代としては驚異的な成果です。

ファイナルファンタジーVIIは、Playstation4向けに完全移植された唯一のゲームであり、まったく別のゲームとなっています。しかし、最新のリメイク版はともかく、当時のベースとなるゲームは、伝統的なRPGのメカニクスをそのまま実装した優れたものでした。

また、悪役であるセフィロスは、ゲーム史上最高の悪役と言えるでしょう。さらに、『ファイナルファンタジー』には伝説的な音楽がつきものですが、『FFVII』の音楽も注目すべきポイントです。

ファイナルファンタジーVI

ファイナルファンタジーVIを史上最高のRPGとして支持する人も多いでしょう。ファイナルファンタジーVIは、ゲームシリーズの素晴らしいところをすべて備えています。機械の三段論法と、ゲーム界で最も感動的なキャラクターが登場する息を呑むような世界観となっています。

FFVIの物語は、未知のキャラクターがユニオンに操られるところから始まり、ゲーム史上最高の展開が待っています。画面がパンすると、まるで映画のように山がそびえ立ち、キャラクターがそこに向かっていくのがわかります。

ファイナルファンタジーVIは、リメイクやリマスターを一切行わず、16ビット時代の栄光をそのままに残しています。このゲームの最大の悪役であるケフカは、傑出したキャラクターの一人といえるでしょう。

また、キャラクターごとに異なるテーマが流れるのも、このゲームの大きなポイントです。各キャラクターの音楽はどれも素晴らしく、ファイナルファンタジーVIにより深みを与えています。

ファイナルファンタジーVIは、シリーズの過飽和状態の崖っぷちにある名作といえるでしょう。

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXIVは、VIやVIIと比べると、シリーズ中もっとも欠陥がありますが、欠点があってもなお素晴らしいゲームといえます。

ファイナルファンタジーXIVは、他のシリーズに比べれば簡単なゲームです。オープンワールドゲームをプレイしたことがある人なら、その枠組みは知っているかもしれませんが、シンプルな進行メカニズムに定評のあるフランチャイズとしては物足りないゲームでしょう。

新しいファイナルファンタジー・エンジンを搭載したXIVは、フランチャイズで最も影響力のあるタイトルの一つとして評価されるでしょう。

ファイナルファンタジーシリーズには数多くの名作があり、「FF9」のストーリーや「VII」でのセフィロスの活躍など、特筆すべき見どころもあり、どのRPGジャンルにおいても、永遠に最高峰の1つであり続けるでしょう。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me