BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

ヤマハのSR400人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

投稿日:

ヤマハの人気バイクSRシリーズ。昔ながらのレトロなデザインに心地の良い単気筒エンジンで多くのファンを集めるバイクですね!

SR400は1978年に発売が開始され、2008年まで基本設計はそのままに30年もの間販売されロングセラー車種となったバイクです。

2008年に一度は生産終了されたものの、2009年にはFIモデルとして排ガス規制に対応し、再度発売が開始されました。

人気の高さからカスタムパーツも非常に多くラインナップされており、マフラーも各メーカーから様々な種類が発売されています。

今回はそんなSR400の人気の人気おすすめマフラーと排気音をまとめたので紹介します!

※年式に関係なく紹介しているので、あくまでもマフラー選びの参考として見ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

OVER Racing(オーヴァーレーシング)

三重県鈴鹿市にあるバイクカスタムパーツ製造販売をしているメーカー。

マフラーだけでなく、フレーム、スイングアーム、バックステップ、ホイールなど幅広いバイクパーツを手掛けています。

◆SSメガホンマフラー

SR400の良さを損なわない派手すぎないメガホンマフラーでワンポイントのOVERエンブレムが特徴的なマフラー。

ステンレス製ポリッシュ仕上げで光沢が美しく、トルクフルな初速と低中速の加速感が感じられストリートでも非常に扱いやすい設定になっています。

ノーマルよりも5kg以上の軽量化を実現し、アイドリング時は控えめのサウンドながらも加速時には歯切れの良い心地の良いサウンドを奏でます。

92db(近接)/78db(加速)

参考価格:¥74,222(税込)

◆ チタンメガホン MANXタイプ

普通のメガホンマフラーでは少し物足りない。。そんな方におすすめなのがこのチタンメガホンです!

OVERのチタンマフラーは本当に綺麗な焼き色を出してくれるので目を引くこと間違いなし。

軽量のチタンを使用することにより、ノーマルマフラーよりも7kg近い軽量化が可能になり重量は2.55kgとめちゃくちゃ軽いです。

性能は上で紹介したSSメガホンと同じくトルクフルな初速と低中速の加速感が感じられるようになっており、音も歯切れの良い心地の良いサウンドを奏でます。

92db(近接)/76db(加速)

参考価格:¥110,000(税込)

 

◆GP-PERFORMANCE XL チタンコンプリート

クラシカルなイメージのSR400を今風の見た目にガラッと変えてしまう、『GP-PERFORMANCE XL チタンコンプリート』。

美しい焼き色が施されたチタン製エキゾーストパイプにカーボンカバーのショートサイレンサー、そしてゴールドのOVERエンブレムと目立つこと間違いなしです。

重量は約2kgノーマルと比較すると7kgもの大幅な軽量化を実現しています。

音量は91db(近接)/79db(加速)でうるさすぎず、単気筒らしい鼓動を感じられる歯切れの良いサウンドとなっています。

参考価格:¥124,300(税込)

Sym’z Craft(シムズクラフト)

日本の国産バイクパーツメーカーで主にオールドルックのツインショックオートバイを中心にオリジナルパーツを製造販売しています。

◆トラディショナルメガホンマフラーセット

ステンレス製ポリッシュ仕上げのメガホンマフラーでエキゾーストパイプもノーマルに近い形状となっています。

眼を引くような派手なマフラーではありませんが、バーナーで炙りながら職人がひとつひとつ手曲げで製作しおり、非常に美しい仕上がりになっています。

参考価格価格:¥60,544(税込)

スポンサーリンク

YOSHIMURA(ヨシムラ)

1954年に創業されたオートバイ部品の製造メーカーで全日本ロードレース選手権や鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦したり、ヨシムラカスタムのコンプリートバイクなどの販売も行っている日本を代表するカスタムパーツメーカーです。

◆パトリオットサイクロン(スリップオン)

ヨシムラの代表マフラーであるサイクロンのクラシック使用マフラー「パトリオットサイクロン」。

スリップオンマフラーとなっており、ノーマルエキパイと全体的なデザインが考えられ非常に味のあるクラシカルな見た目にまとめられています。

重量も半分以下に軽量化でき、サウンドも乾いた単気筒エンジンの鼓動を感じられる心地の良いエキゾーストノートです。

トルクも低速から中速域で向上していてストリートでも扱いやすいです!

サイレンサーカバーはメタルマジック・ステンレス・チタン・チタンブルーから選択可能です。

参考価格:¥55,364~(税込)

 

◆ チタン機械曲サイクロン マフラー

ヨシムラを代表するチタンマフラーのSR400モデル。

アップタイプのストレートマフラーでクラシックなSR400をレーシーなイメージに変更できます。

エキパイとサイレンサーエンドにはチタンが使用され、ボリューム感のある見た目ながらもノーマルマフラーと比較して52%もの軽量化を実現しています。

近接排気騒音は98dbで迫力あるエキゾーストノートを奏でます。

サイレンサー部分は、カーボン・チタン・チタンブルー・ステンレスから選べ、それぞれ職人がエキパイに焼き色を施すFIRESPEC仕様も選択できます。

SC-PROJECT(SCプロジェクト)

MotoGP、Moto2、Moto3、WSBKなどの世界的な二輪レースにおいて絶大的な人気と成果を収めているエキゾーストメーカー。

ホンダのRC213Vにも採用され、MotoGPチャンピオンに輝き、レースでも実績を残しています。

◆フルエキゾーストシステム&コニック サイレンサー

SCプロジェクトの、ステンレス製フルエキゾーストパイプとステンレス製アウターカバーコニカル(テーパー)シェイプサイレンサーがセットになったフルエキモデルのマフラー。

SCプロジェクトらしい溶接での焼き色が残っているデザインでエキパイも曲げと溶接という珍しい見た目になっています。

エンジン下までの短いメガホンマフラーで重量は2kgちょいという非常に軽いマフラーです。

消音サイレンサーがインストールされていますが、海外製らしい迫力あるサウンドを奏でます。

参考価格:¥98,175(税込)

 

BEAMS(ビームス)

ビッグスクーターを皮切りに4ミニからビッグバイクまで幅広くマフラーをラインナップするビームス。高性能且つリーズナブルで人気の高いメーカーです。

◆R-EVO フルエキゾーストマフラー

アップタイプの真円ストレートマフラーでレーシーな見た目ながらもクラシカルなSR400にも非常にマッチするBEAMSを代表するマフラーR-EVO。

スタンダードバッフルが装着されていて、セミレーシングバッフルが付属されており、バッフル無しと合わせると3段階の音量調節が可能です。

音量はそれぞれ、92.7db/スタンダードバッフル、93.4db/セミレーシングバッフル、99.2db/バッフル非装着時となっており、バッフルなしでは日本製ながらも迫力あるサウンドを楽しむことができます。

サイレンサー部分はステンレスとチタンソリッドの2種類から選択できます。

参考価格:¥49,808~(税込)

まとめ

高性能かつ高品質でおすすめできるマフラーを8種類紹介いたしました。

どのマフラーのサウンドも非常に心地よく、好きなマフラーが見つかれば幸いです。

SR400のマフラーは今回紹介したもののほかにも多くの商品がラインナップされているので、あくまでも参考としてマフラー選びの力になれれば嬉しいです!

 

 

 

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホンダのベンリイCB50のカスタムバイクやおすすめカスタムパーツ!年式別スペックなども!

スポンサーリンク 出典:instagram(@maekatsu728) ホンダから発売されていたCB50。 ベンリイという愛称で人気を博し、何度もモデルチェンジを繰り返して1971年~1982年まで発 …

ズーマーのエンジンがかからない!原因と対処法を解説します!

スポンサーリンク 人気の高い原付スクーター「ズーマー」。四角いボディに二灯ヘッドライト、フレーム丸出しのシートなど唯一無二のデザインでおしゃれですよね! 今回はそんな「ズーマー」のエンジンが掛からなく …

50ccバイクにもタイプはいろいろ!ジャンル別に紹介します!

  スポンサーリンク 16歳で取得できる原付免許で乗れる50ccバイク。 ほとんどの人が原付と言うとスクーターを思い浮かべると思いますが、原付にもスクーターだけではなく様々なタイプがあります …

ホンダ2ストオフロードCRM50のカスタムバイクやおすすめカスタムパーツを紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@allredred) 今では排ガス規制のため見ることも少なくなった2ストロークバイク。中でも2ストロークの50ccオフロードバイクというジャンルはほとんど …

ホンダのビジネス用原付ベンリィCD50ってどんなバイク?スペックやおすすめカスタムを紹介!

スポンサーリンク ホンダからビジネスモデルとして1960年代から販売されたベンリィCDシリーズ。当時は交番でのパトロールバイクとしても各都道府県に導入されていました。 ベンリィCDには50・65・70 …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索