BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

250cc不動の人気車バリオスってどんなバイク?中古価格の相場やインプレッション。

投稿日:2019年10月19日 更新日:

 

1991年に発売を開始し、今でも250ccのネイキッドバイクでは人気の高いカワサキのバリオス。

僕も高校時代に乗っていたバイクのひとつです。

19000rpm高回転エンジンで排気音もレーシーで加速も申し分なしです!

今回はそんなバリオスとバリオス2の特徴やレビュー、中古価格の相場などを紹介します!

スポンサーリンク

バリオス&バリオス2ってどんなバイク?

川崎重工業から1991年に発売された250ccのネイキッドバイクで20年以上たった今でも人気のあるバイクです。

水冷エンジンで最高回転数は19000rpm、Ⅱ型後期からは1800rpmとなりましたが高回転で甲高くレーシーなエキゾーストサウンドが人気。

最高出力は45馬力、1993年からの新馬力規制で40馬力となったものの250ccとしては高い馬力を誇ります。

僕は身長167cmですが、足つきも良く、車両も軽いため扱いやすいバイクでした。

 

ちなみにバリオスという名前の意味はギリシア神話に登場する不老不死の神馬の名前らしいです。

そのため、燃料タンクには跳ね馬のエンブレムが付いています。

カスタムパーツも多くラインナップされていて、いじっても楽しいバイクです。

 

□バリオスとバリオス2の違い

バリオスⅡは1997年にバリオスからフルモデルチェンジされて販売されました。

主な変更点は

・2本ショック式リアサスペンション採用

・スロットルポジションセンサー付きキャブレター採用

これらの変更によって、エンジンレスポンスや乗り心地が向上しています。

また、燃費も良くなっているようです。

 

中古価格の相場はどれくらい?

 

□バリオスの相場

バリオスの中古市場での相場平均価格は20万円~25万円くらいです。

安いものでは10万円以下でも売られています。

最低価格では7万円ほどのものもありました。

しかし、10万円以下のものは走行距離も多く、状態もあまりよくないためおすすめはできないですね。

 

車両状態が良いもので30万円後半で40万円を超えるものはほぼありませんでした。

しかし、20年ほど前の車両で当時の新車価格で約50万円ほどなので、あまり価格が落ちておらず、人気車種であることが窺えます。

 

□バリオスⅡの相場

バリオスの中古市場での相場平均価格は30万円~35万円くらいです。

スポンサーリンク

安いものでも20万円ほどからでバリオスよりも高めです。

高いものでは50万円以上!!

50万円を超えると新車価格よりも高いことになります。

状態の良いノーマル最終モデルでは70万円を超えるものもあります。

絶版車両となりプレミア価値が付いてきているのでさらに相場が上がる可能性もありますね(^^;)

 

ヤフーオークションでの中古相場

 

ヤフーオークションでの中古価格を調べてみました。

バリオスとバリオスⅡの混同となります。

2018年10月から2019年10月までの1年間で調べています。

 

レストアベースの不動車や、事故車両、部品取り車では1万円から3万円くらい。

実動車では安いもので5万円から落札されています。

店頭での中古車では5万円ほどではなかなかありませんが、ヤフオクでは5万円~10万円ほどの低価格でもかなりの台数が落札されています。

10万円くらいから20万円くらいが最も多い落札価格でした。

 

かなり状態の良いものでは50万円以上で落札されているものもありますが、そこそこ良い状態でも25万円以下で取引されているようでした。

個人間の取り引きなのでリスクも伴いますが、できるだけ安く買いたい方にはヤフオクもひとつの手段ですね。

 

バリオスのレビューや口コミ

 

◇GOOD!!

・軽い車重で取り回しやすい!

・40psオーバーのパワー

・加速が速い!

・高回転までぶん回せる気持ちよさ!

・トルクバンドに入った時の加速。

・甲高いエキゾーストサウンド!

・足つきの良さ

 

やはり高馬力で車重が軽いことによる加速性や高回転エンジンからくる楽しさが高評価に繋がっていますね!

僕自身バリオスに乗っていましたが峠でも街乗りでも楽しく乗れるバイクです。

軽いので簡単にコーナーで倒せるし、スピードを出していなくても高回転のエキゾーストノートでレーサーにでもなったような感覚になります。笑

初心者でもベテランでも楽しめるバイクだと思います!

 

◆BAD!!

・長時間乗るとお尻が痛くなる。

・ノーマルマフラーでも回すとうるさい。

・タイヤが太くてクイックには曲がれない。

・超高回転エンジンで常に回さないといけないので疲れる。

・冬場はエンジンかけにくい。

・古いので整備が重要。

 

走行がパワフルで楽しめる分、乗り心地は悪めですね。

振動はあるし、シートも固めなので確かに長時間乗るとお尻が痛くなります。

古いバイクなので自分である程度整備できたほうが良いかもしれません。

特に安く買おうとすると、状態の悪いものや修理が必要な部分を隠してつかまされたりするので注意しましょう!

 

 

まとめ

バリオスは走りを楽しみたい人にはかなりおすすめできるバイクです。

カスタムパーツも多いので、自分の好きなようにイジりまくれるのも魅力ですね!

迫力あるサウンドと250ccとは思えない加速を楽しんでみてください!

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

250ccネイキッドバイクのおすすめ車種紹介!燃費&価格比較!

手軽に乗れて且つ維持費もお安い250ccバイク! スポンサーリンク 取り回しもしやすくて乗って楽しく、バイクが初めての方にもおすすめです! そんな250ccバイクの中でも人気が高いネイキッドタイプのお …

右折レーンなどにある道路のゼブラゾーンは走行しても大丈夫?

  スポンサーリンク https://www.google.co.jp/maps/ 道路を走っていて右折や左折レーンの手前などにゼブラゾーンがあるときってありますよね? ほとんどの方はゼブラ …

ヤマハのセロー250カスタムバイクやおすすめカスタムパーツを紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@yuki_skywalker912) ヤマハが発売するセローは第1世代が1985年に発売され、30年以上にわたって販売されている超ロングセラーバイクです。 …

希少な3気筒エンジン搭載おすすめバイクまとめ!

スポンサーリンク 数あるバイクの中でも数少ない3気筒エンジンを搭載したバイク。 小排気量バイクではコストの削減やコンパクト化に適した単気筒エンジン。大型スポーツバイクでは高回転で回せる4気筒DOHCエ …

ヤマハの50cc原付オフロードバイクDT50のスペックやおすすめカスタム紹介!

スポンサーリンク 林道や未舗装道路なども臆することなく走り回れるオフロードバイク。中排気量に多いオフロードモデルですが、原付である50ccにもいくつかのモデルが販売されています。 今回はヤマハから19 …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索