BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

近畿キャンプ場

天川みのずみオートキャンプ場はどんな場所?設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

投稿日:2020年7月6日 更新日:

出典:instagram(@nc_works)

奈良県に流れる渓流釣りとしても有名な天の川が流れる川辺にあるキャンプ場『天川みのずみオートキャンプ場』。

川の透明度は非常に高く、自分が行ったことがある川の中でも最高クラスに綺麗な川で透き通る青さは見ているだけでも癒されるほどです。

もちろん川で泳いだり水遊びを楽しむこともできますし、入漁券が必要になりますが、魚釣りを楽しむことも可能です。

【おすすめ度】
ファミリーキャンプ★★★★☆
ソロキャンプ   ★★★☆☆
キャンプツーリング★★★☆☆
デイキャンプ   ★★★★★

今回はそんな『天川みのずみオートキャンプ場』の設備や施設、キャンプサイトや周辺にある温泉も紹介します!

スポンサーリンク

天川みのずみオートキャンプ場の特徴!

天川みのずみオートキャンプ場は天ノ川が流れるすぐ横に立地するキャンプ場で、天ノ川の水の綺麗さは見ているだけでも心が奪われます。

近くには観音峯山の登山口などもあり、県南東部の登山としても有名な場所なので、登山の拠点としても人気なキャンプ場です。

滝や吊り橋など、自然ならではの観光スポットもあり、大自然を満喫することができます。

キャンプサイトは非常に綺麗に整備されていますし、ウッドデッキの上でキャンプができるサイトもあります。

コテージやバンガローなども充実しているのでテント泊が苦手な方にも多く利用されているキャンプ場です。

サイトと設備紹介!

◆キャンプサイト

キャンプサイトはオートサイトになっていて、車の横付けが可能です。

山の斜面に棚田のように整備されたキャンプサイトで、区画の広さによって料金が分けられています。

最も広い区画から100㎡、90㎡、80㎡、70㎡となっています。

サイトは綺麗に整備されていて、玉砂利が敷き詰められ、どこも平坦にならされています。

ペグも打ちやすく、木陰も多いので涼しく快適に過ごせます。

70㎡の区画は他にウッドデッキの上でテントが張れるデッキサイトもあります。

天ノ川の横のキャンプ場なんですが、少し川からは入り込んだ位置になり、川へ行くには階段を下りていかなければなりません。

サイトから川は見えませんでしたが、森林に囲まれてロケーションは悪くありません。

ゴミも300円の処理代がかかりますが引き取ってくれるので便利です。

夜は星空が綺麗に見えますよ。

◆コテージやバンガロー泊も!

天川みのずみオートキャンプ場はコテージやバンガローも非常に人気が高いです。

コテージは5人用と8人用のものがあり、どちらもまだ建てられてからそんなに経っていないようで、外見も中も非常に綺麗で、ユニットバス・トイレ・布団・台所用品一式・流し台・ガスコンロ・冷蔵庫・電子レンジ・クーラー・テレビ・バーベキュー器具一式と大概のものは揃えらています。

バンガローは1度利用させていただきましたが、外見も内装もちっさなログハウスのような感じで可愛くおしゃれでした。

家電製品などはなく、シンクのみが設置されているだけなんですが、中は涼しくて快適に過ごすことができました。

清掃も行き届いていて、非常に綺麗ですし、料金もそこまで高くはないのでおすすめです。

冬には薪ストーブが設置されて防寒対策もばっちりです!

◆焚火やペットはOK?

焚火は直火が禁止なので焚火台を使用する必要があります。

ペットはコテージなどの利用はできませんが、キャンプサイトは同伴OKです。

◆トイレや炊事場は?

トイレは水洗で和式と洋式があり非常に綺麗でした。

数カ所にトイレが設置されており、場所によってはウォッシュレット付きのトイレもあるので、快適に利用できます。

炊事場も屋根付きで、シンクも綺麗に清掃されていました。

◆温泉やシャワーは?

シャワー室も男女別に設置されていて、3分100円で利用することができます。

温泉はキャンプ場から4kmほどのところに『天の川温泉』があるのでそちらを利用しました。(記事後半で紹介)

◆綺麗な天ノ川で川遊び!

スポンサーリンク

出典:instagram(@hiyoko.mocha)

キャンプ場から階段を使って下に降りるとすぐに天ノ川が流れている川岸に行くことができます。

天ノ川の水質は非常に綺麗で僕は結構な数のキャンプ場を訪れましたが、最高レベルに綺麗だと思います。

水温は夏でも冷たいですが、慣れれば泳ぐこともできます。

アマゴの生息地としても有名で毎年稚魚の放流が行われているようです。

入漁券を購入すれば釣りを楽しむこともできます。

キャンプ場の近くには遊歩道などもあり、自然の中を満喫することができますよ。

キャンプ場の基本情報

◆営業時間と利用料金

3月中旬から12月末までのシーズン営業(不定休)

チェックイン 13:00~15:00
チェックアウト 11:00

施設使用料:大人500円、小人250円
オートサイト:3,000円~5,000円(1区画1泊)
AC電源使用料:500円

◆アクセス

〒638-0304 奈良県吉野郡天川村大字南角52

 

◆キャンプ場の天気

最高のキャンプにするためにも事前のお天気チェックは忘れずに!

天川みのずみオートキャンプ場周辺の天気

周辺の温泉情報

◆天の川温泉

出展:天の川温泉

内湯と露天風呂のみの温泉ですがヌルヌルした泉質で湯触りは最高です。

あまり大きくはないので、ハイシーズンの週末は混み合うかもしれません。

営業時間
11:00~20:00(火曜定休日)

入浴料
大人(中学生以上)700円
子供(3歳から小学生まで) 300円
幼児無料

天の川温泉
〒638-0321 奈良県吉野郡天川村大字坪内232

総合レビュー!!

美しい天ノ川の近くでキャンプができないのは残念ですが、雨の日でも安心してキャンプができるという意味では良いのかもしれません。

サイトも綺麗に整備されていて、快適ですし、ロケーションも悪くありません。

設備は非常に綺麗にされており、温泉も近くて便利です。

川へは階段を下りていく必要がありますが、川の綺麗さは素晴らしいですし、夏の川遊びは最高ですね!

家族キャンプにもおすすめですし、最も小さい区画であれば3000円ほどで宿泊できるので、ソロやキャンプツーリングでもおすすめですよ!

近くに色々な自然の観光スポットもあるので、まわってみるのも楽しいですよ!

 

スポンサーリンク

-近畿キャンプ場
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

二本松キャンプ水泳場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉&観光情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@wssboader) 琵琶湖の北岸に位置する湖畔キャンプ場『二本松キャンプ場』。 竹生島が目の前にあり、眺望も最高で目の前の琵琶湖は砂利浜になっており、琵 …

マキノ高原キャンプ場を本音レビュー!設備や温泉施設などをブログで紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@kohaku_lantern) 滋賀県の有名観光スポットでもあるメタセコイヤ並木を抜けた場所にある『マキノ高原キャンプ場』。 スキー場のゲレンデを利用した …

美山町自然文化村キャンプ場を本音レポート!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:美山町自然文化村キャンプ場 京都市内から車で約1時間半、情緒あふれる茅葺屋根の民家が立ち並ぶ美山市内にある『美山町自然文化村キャンプ場』。 山と由良川に囲まれた自然豊かなキャン …

大阪でおすすめできる人気オートキャンプ場を紹介!ペット可!温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@elegantcampoutdoorlife_2017) 日本三大都市にも数えられる大阪ですが、自然に囲まれたキャンプ場も意外と多く、数十カ所のキャンプ場 …

若杉高原おおやキャンプ場を本音レポ!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:若杉高原おおやキャンプ場 『星が最も輝いてみえる場所』にも選ばれたことがある兵庫県養父市にあるキャンプ場『若杉高原おおやキャンプ場』。 スキー場のゲレンデを利用したキャンプ場で …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索