BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

キャンプ 近畿キャンプ場

スノーピーク箕面キャンプフィールドを本音レポート!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

投稿日:2020年6月15日 更新日:

出典:instagram(@hiro_saya_camp)

日本が誇るアウトドア用品メーカーのスノーピークが運営する大阪府のキャンプフィールド『スノーピーク箕面キャンプフィールド』。

ダム湖の湖畔のキャンプサイトで大阪とは思えない自然あふれるキャンプ場です。

【おすすめ度】
ファミリーキャンプ★★★★☆
ソロキャンプ   ★★☆☆☆
キャンプツーリング★★★☆☆
デイキャンプ   ★★☆☆☆

今回はそんなスノーピーク箕面キャンプフィールドの設備や施設、キャンプサイトなどのレポと周辺にある温泉も紹介します!

スポンサーリンク

スノーピーク箕面キャンプフィールドの特徴!

スノーピーク箕面キャンプフィールドの特徴はその立地!

大阪市内から約40分ほどで行けるのにも関わらず、ダム湖や森に囲まれた自然豊かなキャンプ場なんです。

スノーピークが運営していることもあって、レンタル用品も充実しており、「ランドロック」などのスノーピークの人気テントなんかも借りることができますよ。

棚田などの自然の地形を生かしたサイトで区画の形はそれぞれ異なりますが、ひとつひとつの区画が約144㎡とかなり広いことも特徴です!

ただ広すぎて、グルキャンや家族キャンプにはいいもののソロやキャンプツーリングには向いてないかもしれませんね。

サイトと設備紹介!

◆2種類のキャンプサイト

出典:instagram(@snowpeak_minoh)

スノーピーク箕面キャンプフィールドではAC電源ありとAC電源無しのサイト2種類のサイトから選択できるようになっています。

価格差は1000円ほどで、一部のサイトを除いてほとんどのサイトが車乗り入れ可能なオートサイトとなっています。

僕のおすすめはダム湖隣の湖畔サイト(管理棟前サイト)ですね。

ただし、サイトの指定はできないことになっているので、ハイシーズンなんかは運次第です。笑

電源ありサイトはダム湖から離れた棚田を利用したサイトになるので、湖畔サイトにするには電源なしサイトしかありません。

湖畔サイトの地面は芝生でフラットなので設営も楽です。

また、管理棟の前になるので炊事場やシャワーなどもあって便利ですね。

しかし、唯一川で水遊びをしたい場合であれば最も遠いサイトになってしまいます。

スノーピーク箕面キャンプフィールドではダム湖へつながる小さな小川で水遊びができるようになっています。

お子さんが水遊びをしたい場合は川から近くて、ダム湖も見える「サイトC」がおすすめですね。

サイトは選ぶことができませんが、子供がいて水遊びをしたいなど、要望を言っておけばそれに適したサイトを選んでくれるので事前に相談しておきましょう。

サイトによって、地面が様々で芝生や土、砂や砂利っぽいところもあります。

住宅街もすぐそばにあるんですが、夜は星も綺麗に見ることができました。

サイト内も綺麗に清掃されていますが、鹿が生息しているらしく数カ所に鹿の糞がありました。

ゴミは分別して燃えるゴミのみ引き取ってくれます。

◆焚火や花火、ペットはOK?

焚火は直火禁止で焚火を行うには焚火台が必要です。

花火は手持ち花火を含めて全て禁止になっています。

ペットは同伴OKなので愛犬ともキャンプが楽しめますよ。

◆トイレや炊事場は?

トイレは綺麗に清掃されていて、洋式の水洗です。

冬場も便座が温かくなっているので快適ですよ。

炊事場も綺麗になっており、給湯器がついているものもあるので、冬場にはかなりありがたいです。

◆お風呂やシャワーは?

キャンプサイトからは少し離れますが「スノーピーク箕面自然館」にて、キャンプ場宿泊者限定でお風呂を利用することができます。

平日15:00~19:00、土曜・祝前日は15:00~20:00で、入浴料は300円です。

お風呂は温泉のようなものではなく、家庭用のお風呂という感じです。

シャワーはキャンプ場内に1箇所2台設置されていて、5分100円で利用できます。

お風呂もシャワーもタオルやシャンプーなどは置いていないので、用意しておきましょう。

スポンサーリンク

◆ジャブジャブ広場で水遊びも可能!

出典:instagram(@kinoco_013)

ダム湖に繋がる小さな川では水遊びができるので夏はお子さんたちで賑わっています。

泳げるような川ではありませんが、浅くて安全なので安心ですよ。

キャンプ場の基本情報

◆営業時間と利用料金

通年営業

電源無しサイト:レギュラー4,630円(税抜)、休日 5,555円(税抜)、ハイシーズン 6,481円(税抜)

電源ありサイト:レギュラー 5,555円(税抜)、休日6,481円(税抜)、ハイシーズン 7,407円(税抜)

◆アクセス

〒563-0252 大阪府箕面市下止々呂美

 

◆キャンプ場の天気

最高のキャンプにするためにも事前のお天気チェックは忘れずに!

スノーピーク箕面キャンプフィールド周辺の天気

 

周辺の温泉情報

◆箕面湯元 水春

キャンプ場からは有料道路を利用していく向かうことになりますが、行く価値はある温泉です。

観光スポットしても有名な『箕面温泉』の源泉で16種類もの温泉が楽しめます。

大人:平日770円休日820円、小人:平日380円休日410円

〒562-0035 大阪府箕面市船場東3丁目13−11 ビーバーワールド 2F 箕面船場

総合レビュー!!

大阪市内からすぐ行ける上に自然豊かなキャンプフィールドで設備も充実、サイトも広くて文句なしのフィールドです。

スノーピークユーザーはスノーピークスタッフからのアドバイスなどももらえますし、キャンプ後メンテンナンスなども利用できるので便利ですよ。

ただ、全てが区画サイトになっているので、ソロキャンパーやバイクキャンパーには価格が高く感じるかもしれませんね。

近くには箕面の滝や箕面温泉など観光スポットもあるのでそちらを訪れてみても面白いかもしれません。

関連:大阪「箕面温泉」をツーリング!周辺グルメ&観光スポットも紹介!

スポンサーリンク

-キャンプ, 近畿キャンプ場
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウェルネスパーク五色オートキャンプ場のレビュー!設備や施設をブログで紹介!併設された温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@hiromiki_kawasaki) 兵庫県の淡路島を満喫できるキャンプ場『ウェルネスパーク五色オートキャンプ場』。 海水浴場もキャンプ場の近くにあり、海 …

二本松キャンプ水泳場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉&観光情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@wssboader) 琵琶湖の北岸に位置する湖畔キャンプ場『二本松キャンプ場』。 竹生島が目の前にあり、眺望も最高で目の前の琵琶湖は砂利浜になっており、琵 …

白ひげ浜水泳キャンプ場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@chiho257.purity.summerbuddy) 滋賀県の北西部、高島市にあるびわ湖湖畔のキャンプ場『白ひげ浜水泳キャンプ場』。 びわ湖のビーチで …

大型温泉が併設された十二坊温泉オートキャンプ場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@cozy_tam) 滋賀県湖南市の十二防(岩根山)の山林に広がる『十二坊温泉オートキャンプ場』。 名前に温泉が入っているように大型の温泉施設『十二坊温泉ゆ …

高取山ふれあい公園キャンプ場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉&観光情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@maakatu) 滋賀県の自然豊かな森林に囲まれたキャンプ場、高取山ふれあい公園。 86ヘクタールもの広大な山をそのまま公園にしている場所で、キャンプだけ …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索