BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

ヤマハMT-09の人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

投稿日:

近年急速に人気が増している新たなジャンル「ストリートファイター」。ヤマハから販売されている「MT-09」もそんなストリートファイターとして多くの人気を集めています。

エンジンは直列3気筒120°クランクで3気筒らしいコンパクトで慣性トルクの変動が少ないことから生まれるトラクションフィーリングと滑らかなトルク。ヤマハ特有のクロスプレーンコンセプトに基づいて設計された3気筒ならではの面白さが味わえるバイクです!

バリエーションの拡大としてMT-09をベースにスポーツ性を重視し、大型風防などが装備されたモデル「MT-09トレーサー」も発売され、ツアラーとしても人気ですね。

今回はそんな『MT-09』の人気おすすめマフラーと排気音をまとめたので紹介します!

※年式に関係なく紹介しているので、あくまでもマフラー選びの参考として見ていただければ幸いです。

AKRAPOVIC(アクラポビッチ)

アクラポビッチはスロベニア共和国で1992年に設立されたエキゾーストマニホールド、マフラーを製造しているメーカーです。

ヨーロッパ最大級のエキゾーストメーカーであり、MotoGPやWSBKなど多くの二輪モータースポーツで採用されています。

◆レーシングライン 3-1 ヘキサゴナルサイレンサー

徐々に径を太くするパイプのコニカルヘッダーやクロスオーバーパイプによって、全回転域と上限域でのパワーアップを行うことができるレーシングライン。

ダウンマフラーのカーボン製テーパーエンドサイレンサーに複雑な曲げが施されたステンレス製エキゾーストパイプによって見た目も面白いです。

参考価格:¥113,901

SP忠男

かわいらしい目のマークで有名な国産ブランドSP忠男。

マフラー1つで大きくバイクの特性を変えられることから30年間に渡り性能創りにこだわって常にトップクラスの人気を集めているメーカーです。

◆POWERBOX FULL“SS”

SP忠男の人気マフラー『POWERBOX』。ステンポリッシュサイレンサーアウターとステンレスサイレンサーインナーで構成され、ノーマルマフラーよりも大幅な軽量化を実現、ダウンマフラーに長めのスラッシュカットサイレンサーエンドで見た目のインパクトも抜群です。

3000rpm-4000rpmの回転域を丁寧に仕上げ、パワーバンドに入るとパワフルな加速が楽しめます。

サウンドは抑えめで心地の良いエキゾーストノートです。

参考価格:¥151,487(税込)

TERMIGNONI (テルミニョーニ)

MotoGPやWSBKなど世界最高峰のレースシーンでも活躍しているサイレンサーブランドで、極薄パイプで驚異的な軽さと優れた排気効率、そして実用的なパワー特性をも兼ね備えた高パフォーマンスかつ高品質なマフラーを揃えています。

◆3X1フルエキゾースト カーボンサイレンサー

3-1集合方式のステンレス製エキゾーストパイプとコニカル形状のカーボンサイレンサータイプのフルエキゾーストマフラー。

テーパーエンドにつけられたTERMIGNONIのロゴもワンポイントになっていて良い感じです。

同じ形状でサイレンサーがチタンタイプのものも販売されているので、自分のカスタムに合った方を選べます。

消音バッフルも付属されていて、バッフル有りだと結構サウンドを抑えることができるので爆音が苦手な方にもおすすめです。バッフルを外すと迫力ある大きめのサウンドなので好みで調節できるのも良いですね。

OVER Racing:オーヴァーレーシング

三重県鈴鹿市にあるバイクカスタムパーツ製造販売をしているメーカー。

マフラーだけでなく、フレーム、スイングアーム、バックステップ、ホイールなど幅広いバイクパーツを手掛けています。

◆TT-Formula フルチタン 3-1 フルエキゾーストマフラー

オーヴァーの代名詞とも言えるフルチタンのフルエキゾーストマフラー。美しい焼き色が施されたエキゾーストパイプとサイレンサーエンド、ごつめの多角形サイレンサーにOVERのチタンプレートロゴが入り、インパクトも抜群ですよね。

もちろん車検対応のJMCA認定マフラーで音量は近接94db、加速で81db。サウンドは純正に近く、音はそのままに見た目のインパクトは欲しいという方には非常におすすめです。

フルチタンなので、このゴツさのサイレンサーでもノーマルから50%近い軽量化も実現しており、高パフォーマンスかつ高品質なマフラーです。

スポンサーリンク

参考価格:¥172,425(税込)

動画はMT-09トレーサーモデル

 ◆TT-Formula フルチタン 3-2-1

前項で紹介したマフラーと同じく、フルチタン製の「TT-Formula」ですが、こちらはダウンマフラータイプの3-2-1集合方式のフルエキゾーストマフラー。

焼き色が施されたエキゾーストパイプは両端のエキゾーストパイプが2-1にまとめられてから真ん中のエキパイと集合する方式となっており、1本にまとめられたあとは前後に蛇行するような形でサイレンサーへ接続します。複雑なエキパイ形状となっていますが、曲線部分は非常に美しく曲げられ、輪切り曲げ部分の溶接も綺麗に施されています。

個性的な見た目で目を引くこと間違いなしです!

サウンドは低音の効いたエキゾーストノートで、音量は95dbとなっています。

参考価格:¥193,325(税込)

YOSHIMURA(ヨシムラ)

1954年に創業されたオートバイ部品の製造メーカーで全日本ロードレース選手権や鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦したり、ヨシムラカスタムのコンプリートバイクなどの販売も行っている日本を代表するカスタムパーツメーカーです。

◆機械曲 R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC

 

3-1集合方式のステンレス製エキゾーストパイプにショートサイレンサーと美しいカーボンエンドの「R-77S サイクロン」。

EXPORT SPECは性能を重視しつつ、溶接の焼け色や加工跡はオリジナルのままで仕上げ、ヨシムラ独特のデザインとスタイルを実現しながらコストパフォーマンスにも優れたモデルです。

重量はノーマルより約27%の軽量化を実現し、性能では全回転域においてノーマルを上回る数値を記録しています。

低回転では3気筒独特の鼓動感が感じられ、中高回転域では張りのある歯切れの良いエキゾーストノートとなっており、音量は近接排気騒音93dB/4500rpm、加速走行騒音で82dBです。

サイレンサーはステンレス・メタルマジック・チタン・チタンブルーから選択することができます。

参考価格:¥132,687~(税込)

SCORPION(スコーピオン)

スコーピオンは1992年にイギリスで設立されたエキゾーストメーカー。

豊富なエキゾーストシリーズはレースにも採用されており、WSBKやスーパーモトレースなどオンロードだけでなく、オフロードレースでもマフラーが使われています。

◆セルケトテーパー フルエキゾーストマフラー

マットブラック仕上げのテーパーエンドにテールに向かって太くなるサイレンサーが特徴的なセルケトテーパーマフラー。また、スコーピオン社独特のサソリの猛毒をイメージした排気口周囲の赤いリングがポイントとなっています。

サイレンサーのタイプはステンレス、カーボン、チタンの3種類から選択でき、重量はノーマルの7.5kgから約2.6kgと5kg近い軽量化が図れます。

サウンドは歯切れが良く迫力あるエキゾーストノートを奏でます。

参考価格:¥79,184(税込)

TRICK STAR:トリックスター

24時間耐久ロードレースでも優秀な成績を収め、カワサキのninja H2Rのトリックスターモデルでも有名なレーシングチームで、マフラーだけではなく様々なパーツの製造もしている国産メーカー。

◆フルエキゾーストマフラー IKAZUCHI ショート

トリックスターの代名詞とも言えるIKAZUCHIマフラーのショートタイプ。

3-1集合方式のオールチタン製のフルエキゾーストマフラーで、独特な長方形型サイレンサーに美しい焼き色が施され、MT-09の性能を最大限引き出すために新設計されています。

車検OKの政府認証マフラーでありながら、抜けと切れの良い非常に官能的なエキゾーストノートを奏でます。

参考価格:¥195,014(税込)

まとめ

MT-09の人気おすすめマフラーを8選紹介いたしました。

MT-09は国内に限らず、海外でも人気が高いため海外製エキゾーストメーカーからも多くのマフラーが販売されています。

今回紹介したマフラーもそんな中の一部ですが、どれも高品質高性能なマフラーばかりなのでマフラー選びの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホンダCB1100の人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク 「散歩をするような感覚でゆったりと走る」をコンセプトに馬力やスピードにこだわらず開発されたホンダの大型ネイキッドバイクで幅広なアップハンドルとゆったりとしたライディングポジションが特 …

ヤマハのSR400人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク ヤマハの人気バイクSRシリーズ。昔ながらのレトロなデザインに心地の良い単気筒エンジンで多くのファンを集めるバイクですね! SR400は1978年に発売が開始され、2008年まで基本設 …

原付免許で乗れる50ccMTミッションバイクのおすすめを紹介!乗車レビューインプレまとめ

スポンサーリンク   運転免許の中で最も手軽に取れてしまう原付免許。 原付でもミッションの運転が楽しめる車種は色々あります! そんな50ccMTバイクのおすすめ車種と乗車レビューをまとめてみ …

50ccバイクにもタイプはいろいろ!ジャンル別に紹介します!

  スポンサーリンク 16歳で取得できる原付免許で乗れる50ccバイク。 ほとんどの人が原付と言うとスクーターを思い浮かべると思いますが、原付にもスクーターだけではなく様々なタイプがあります …

ホンダCB1000Rの人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク ホンダから発売されている1000ccのビッグネイキッドバイクCB1000R。 特に2018年からモデルチェンジして発売が開始された『SC80型』は「魅せる、昂る、大人のためのEMOT …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索