BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

スズキGSX250Rの人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

投稿日:

「街乗りにおける日常的な扱いやすさを持つ、スタイリッシュなスタンダードスポーツバイク」をコンセプトにGSR250シリーズをベースに開発され、日本では2017年に発売が開始されたフルカウルモデルバイクです。

スズキのフラッグシップモデルもあるGSX-R1000などの「GSX-R」シリーズとは異なる位置づけとして、スーパースポーツバイクではなく、街乗りやスポーツ走行も楽しめるバイクとして人気を集めています。

水冷並列2気筒SOHC2バルブを搭載し、低中速トルクがあるため、街乗りで扱いやすい特性となっています。

今回はそんな『GSX250R』の人気おすすめマフラーと排気音をまとめたので紹介します!

※年式に関係なく紹介しているので、あくまでもマフラー選びの参考として見ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

WR’S(ダブルアールズ )

主に125cc~400ccのミドルクラスに力を入れているマフラーだけを専門としたバイクパーツメーカーで、ハイレスポンスと迫力のあるサウンドで人気が高いメーカーです。

◆リアエキゾースト スリップオンマフラー

ステンレス製のラウンドタイプスリップオンマフラー。

JMCA認証マフラーでサイレンサー部分はステンレス、カーボン、チタンの3種類から選択可能です。

ベンチテストによって性能を徹底的にチェックされており、アクセルレスポンスの改善とノーマルを下回ることなく高回転までふけあがり、高回転域でのパワーの上乗せにも成功しています。

音量は抑え目ながらも低音の効いた音質で心地よいエキゾーストノートとなっています。

YOSHIMURA(ヨシムラ)

1954年に創業されたオートバイ部品の製造メーカーで全日本ロードレース選手権や鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦したり、ヨシムラカスタムのコンプリートバイクなどの販売も行っている日本を代表するカスタムパーツメーカーです。

◆スリップオン R-77S サイクロン カーボンエンド

GSX250Rをよりスポーティーに見せる取り付け位置と角度に拘られてつくられているR-77Sサイクロン。

ドライカーボンのサイレンサーエンドのインパクトも強く、エンジンパワーでは全回転域においてノーマルを上回る性能を発揮します。

また、ロングツーリングも想定して開発され、2気筒独特の鼓動感を感じつつもストレスになることのないマフラーサウンドとなっています。

サイレンサーはメタルマジック、ステンレス、チタン、チタンブルーの4種類をラインナップしています。

OVER Racing:オーヴァーレーシング

三重県鈴鹿市にあるバイクカスタムパーツ製造販売をしているメーカー。

マフラーだけでなく、フレーム、スイングアーム、バックステップ、ホイールなど幅広いバイクパーツを手掛けています。

◆TT-Formula RS フルチタン スリップオン

OVERを代表する「TT-Formula RSフルチタンマフラー」。

美しい焼き色が施されたサイレンサーエンドとスリップオンながらもチタン製のテールパイプにも美しいい焼き色が施されており、フルエキゾーストにしか見えないスタイリングとなっています。

サイレンサーはごつめの多角形サイレンサーでインパクトは抜群です。

ボリュームある見た目ながらも約2kgの大幅な軽量化も実現しており、非常に高パフォーマンスなマフラーです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーバーレーシング GSX250R TT-Formula RS フルチタン スリップオンマフラー OVER RACING
価格:71899円(税込、送料別) (2020/10/31時点)

スポンサーリンク

TRICK STAR:トリックスター

24時間耐久ロードレースでも優秀な成績を収め、カワサキのninja H2Rのトリックスターモデルでも有名なレーシングチームで、マフラーだけではなく様々なパーツの製造もしている国産メーカー。

◆スリップオンマフラー IKAZUCHI

個性的な形状のショートサイレンサーでサイレンサーエンドはカーボン製、サインサー部分はステンレス製ながらもチタンのような美しい焼き色が施されています。

多くのレースシーンを席巻してきたトリックスター製らしく深いバンク角を可能にしており、空力性能も考えられ製作されています。

Two Brothers Racing(ツーブラザーズレーシング)

アメリカのカリフォルニア州コロナで30年以上にわたり、エキゾーストシステムを手掛けているメーカーで、最高品質の素材を使用し、すべての排気システムは手作業でTIG溶接がされています。

◆S1RB スリップオンキット

丸みのあるテーパーエンドのショートサイレンサーS1RB。

サイレンサー部分はアルミとカーボンから選択可能でカーボンエンドはマットブラック仕様です。

カーボンはツーブラザーズらしい、模様の入った独特のカーボンで見た目のインパクトも抜群です。

松本エンジニアリング製バッフルが付属しており、サウンドの調整も可能ですが、アメリカ製らしい迫力の重低音サウンドを奏でます。

r’s gear(アールズギア)

1998年に三重県亀山市で創業された比較的新しいバイクパーツ、マフラーメーカー。

全ての製品が車検対応となっており、豊富なサイレンサー形状とデザインから選択することが可能。

◆ワイバンリアルスペック スリップオン Type S

r’s gearの最高峰マフラー「ワイバン」シリーズ。

「Type S」はショートサイレンサーのテーパーエンドタイプです。

サイレンサーはチタンとチタンドラッグブルーの2種類から選択可能。

チタンタイプはサイレンサーエンドにのみ焼き色が施され、チタンドラッグブルータイプはサイレンサー全体に美しい焼き色が施されています。

性能面でも全回転域において、パワー&トルクアップを実現し、特に低中速回転域では大幅なトルクアップを実現しています。

また、重量においても50%以上もの軽量化に成功している高パフォーマンスマフラーです。

まとめ

6メーカー6種類のおすすめ人気マフフラーを紹介いたしました。

他にも海外製及び日本製のマフラーは多くラインナップされていますが、今回紹介させていただいたマフラーは高性能高品質でどれもおすすめできるマフラーです。

マフラー選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

原付最速バイクは何だ!50cc最高速度ランキングTOP5!

  スポンサーリンク 最も簡単に免許が取れて、チョイ乗りにも便利な原付バイク。部品が安価なこともあり、レースなどでも人気が高いクラスです。 今回はそんな50cc原動機付自転車の中で最も最高速 …

ホンダCBR400Rの人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク 街乗りからツーリング、スポーツ走行まで幅広く楽しめるホンダのCBR400R。スムーズでかつ力強い出力特性で誰もが楽しめるバイクです。 最新モデルではCBR1000RR-Rと共通の「C …

ホンダの人気125ccグロムのおすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク ホンダの人気125ccバイク『グロム』。 扱いやすいサイズ感とエンジン特性で、レースベース車両としても人気が高いバイクです。 非常に多くのカスタムパーツがラインナップされ、カスタムベ …

ヤマハXSR900の人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク 近年生まれたバイクの新しいカテゴリー「ネオレトロ」では絶大な人気を集めているヤマハのXSR900。 「The Performance Retroster」をコンセプトに開発され、MT …

バイクの慣らし運転は何のために必要なの?やり方や意味

スポンサーリンク 新車バイクを購入すると、最初に行うのが慣らし運転です。 当たり前のように聞こえますが、慣らし運転をやる意味を理解している人は少ないと思います。 そもそも慣らし運転はどのように行うのが …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索