BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

バイクのバッテリー上がり!対処法や応急処置、充電方法を紹介!

投稿日:2019年9月14日 更新日:

 

ツーリング先でバッテリーがあがってしまったり、久しぶりに乗ろうとしたバイクのバッテリーが弱ってしまっていたり、バッテリーが原因でエンジンをかけることができない。

バッテリーから直接なんらかの電装パーツに配線を引いている場合など、バッテリーをあげてしまう原因はいくつか考えられますが、そういった事態に陥った時の解決方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

 

押し掛けでエンジンを始動する!

 

バッテリーが上がってしまった場合、充電器が無くても充電する方法があります。

それがバイクのエンジンをかけることです。

バイクにはオルタネータという、バッテリーを充電する装置がついています。

バイクのエンジンをかけることで、充電が開始されるのでエンジンをかけて1時間ほど走行すればバッテリーも回復するでしょう。

バッテリーが上がれば、セルでのエンジン始動はできませんが、ミッション車であれば「押し掛け」で始動することが可能です!

押し掛けはギアを2速に入れてクラッチを切った状態でバイクを押して、クラッチを一気につなげてエンジンを始動する方法です。

 

近くのガソリンスタンドなどでバッテリーを充電する!

当たり前のことですが、バッテリーを充電すればバッテリー上がりを解決することができます。

充電の方法ですが、ひとつは下のような専用の充電器を使用して充電する方法です。


SUPER NATTO スーパーナット/全自動12Vバイクバッテリー充電器
SUPER NATTO スーパーナット/全自動12Vバイクバッテリー充電器

 

まぁそれがあったらこの記事なんて見てないわ!って感じですよね(^^;)

 

バッテリーはガソリンスタンドでも充電してくれる場合があります。

あとは、バイクショップや車屋さんなど。

近くにそのようなお店があれば充電してもらうことができるかを確認してからバイクを持っていくと良いでしょう。

 

バイクなんて重たくて押していけるか!!という方はバッテリーのみを取り外して持っていくと良いでしょう。

バッテリーだけなら車に乗せてもいけるし、リュックに入れて他のバイクで持っていくこともできますね。

 

 

ブースターケーブルを使用する方法!

 

ブースターケーブルを使用して、他の車やバイクから電力を分けてもらい、エンジンを始動する方法です。

スポンサーリンク


DAYTONA デイトナ/オートバイ専用ブースターケーブル
DAYTONA デイトナ/オートバイ専用ブースターケーブル

 

ブースターケーブルは近くにある車屋さんなどに電話して、バッテリー上がりを説明すると持ってきてもらえる場合があります。

僕は出先でなんどか車のバッテリーをあげてしまい、この方法で何度か助けていただきました。

 

ロードサービスに頼んで持ってきてもらう方法もあります。

 

ブースターケーブルがあれば、「バイク→バイク」「車→バイク」のどちらでも救護が可能です。

しかし、車に救護してもらう場合は、バイク用のブースターケーブルは対応アンペア数が小さい場合があるため、車用のブースターケーブルを使用するようにしましょう。

 

ブースターケーブルを使用する際は、故障車と救護車の両方のエンジンを停止して

①故障車の+(プラス)に赤をつなぐ。

②救護車の+(プラス)にもう一方の赤をつなぐ。

③救護車の-(マイナス)に黒をつなぐ。

④故障車のエンジンブロックやフレームにもう一方の黒をつなぐ。

この手順で繋ぎましょう。

なお、④のエンジンブロックやフレームにはアースとして接続するのですが、どこにつなげればいいか分からない場合は、故障車の-(マイナス)に接続しても構いません。

 

ケーブルをつなげることができれば、救護車のエンジンを始動し、1分ほどエンジンの回転数を上げます。

そのあとに、故障車のエンジンを始動してみてください。

エンジンが始動すれば、故障車のエンジンは切らずにブースターケーブルを最初につないだ順番とは逆にはずしてください。

エンジンがかかったら1時間ほど充電のために走らせてあげたほうが良いです。

 

新品バッテリーに交換する!

上記の方法がでもバッテリー上がりが改善されない場合は、バッテリーが劣化して寿命がきているのかもしれません。

バッテリーを長い間使わなかったりすると、サルフェーションといった現象が起きて、使えなくなってしまいます。

その場合は新しいバッテリーを購入して交換するようにしましょう。

 

まとめ

 

以上の方法で問題は解決しましたでしょうか?

手軽な順番は

①押し掛け

②近くの車、バイク屋、ロードサービスに救護を依頼。(ブースターケーブル)

③バッテリーを持って行って充電する。

です。

じゃん
バイクライフを楽しみましょう!!

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

原付免許で乗れる!50ccアメリカンバイクのおすすめを紹介!

スポンサーリンク おしゃれに乗れて男らしくてかっこいいアメリカンバイク! 男なら1度は憧れるますよね~ アメリカンバイクには原付免許を持っていれば乗れてしまう50ccのものがあります。 そんな50cc …

時速100キロも可能?おすすめの50cc原付フルカウル&レーサーレプリカバイクを紹介!

スポンサーリンク 50ccのエンジンを搭載する原動機付自転車ではスクーターが最も人気があるタイプだと思いますが、原付には様々なタイプがあります。その中でも1980年代から1990年代頃、フルカウルタイ …

小さくても楽しめるホンダXR100モタードのカスタムバイク&おすすめカスタムパーツ紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@keiichitoyoda) 2005年に発売されたホンダの小型モタードバイクXR100! 小さいながらもオンロードからオフロードまで走行でき、楽しめるの …

ヤマハのセロー250カスタムバイクやおすすめカスタムパーツを紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@yuki_skywalker912) ヤマハが発売するセローは第1世代が1985年に発売され、30年以上にわたって販売されている超ロングセラーバイクです。 …

ホンダCBR250RR人気のおすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

2017年から以前のMC22型からフルモデルチェンジされ、250ccのスーパースポーツモデルとしてスタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計されたMC51型『CBR250RR』。 エン …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索