BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

ホンダの50cc原付トライアルバイクTLM50とはどんなバイク?スペックやおすすめカスタムなど

投稿日:2020年3月15日 更新日:

原付のトライアルバイクTLM50。トライアル走行から公道でのツーリングも楽しめるホンダの希少バイクです。

今では排ガス規制でみることも少なくなった2ストロークエンジンを搭載し、おもしろい遊べるバイクに仕上がっています。

今回はそんなTLM50のスペックやおすすめカスタムなどを紹介いたします。

スポンサーリンク

TLM50とはどんなバイク?

TLM50はホンダが1983年に発売した原付トライアルバイクであり、「TL」という商標がホンダが製造販売したトライアル用オートバイシリーズのことを言います。

50ccの原付モデルながらも125cc、200ccモデルとさほど変わらない大柄な車体で、ホンダのMBX50と同系統の空冷2サイクルエンジンを搭載しています。

最高出力は 4.8ps(4.0 kw)/7000rpmと控えめですが、ホンダトルク増幅共鳴管のHERPが装着され、低速では粘りのあるトルクを発揮。

ハンドルの切れ角度は左右62度で、前タイヤが21インチ、後タイヤが18インチと原付とは思えない大径ホイールを履いていることもあり、本格的なトライアル走行を楽しめます。

前後共にドラムブレーキで古い車種ということもあり、リアショックはツインサスとなっており、ストローク幅があまりないため、大きな衝撃であればフルボトムしてしまう恐れもありますが、一応ショックの吸収性能は5段階から調整可能になっています。

 

◆TLM50のスペック

メーカー ホンダ エンジンタイプ 空冷2スト・ピストンリードバルブ単気筒
モデル名 TLM50 エンジン始動方式 プライマリーキック
タイプ・グレード 最高出力 4.8ps(4.0 kw)/7000rpm
動力方式 最大トルク 0.52kg・m(5.1N・m)/6500rpm
型式 AD07 車体重量(乾燥重量) 73kg
排気量 49cc 車体重量(装備重量) 78kg
発売開始年 1983年 パワーウエイトレシオ 15.2kg/PS
燃料消費率 60.0(30km/h定地走行テスト値) 全長・全高・全幅 1985mm × 1070mm × 825mm
燃料タンク容量 4.0 シート高 750mm
航続可能距離 240km フロントタイヤサイズ 2.50-21-4PR
燃料供給方式 キャブレター リアタイヤサイズ 3.50-18-4PR

 

おすすめカスタムパーツ

TLM50は純正パーツやカスタムパーツなど専用のものはほとんどありません。

他の車種のものを取り付けなければならないものも多くあります。

そんな中でおすすめできるカスタムパーツを紹介します。

 

◆社外CDI(リミッターカット)

カスタムを行う際に必ず変えておきたいのがCDIです。

CDIは簡単に言うとスパークプラグを点火させる装置であり、ノーマルのCDIではスピードリミッターが付いているため、60km/h以上のスピードが出ないように点火タイミングを遅らせたり、電気信号を止めたりしています。

そこで、社外品のCDIに変更することでスピードリミッターを解除することができます。

さらに、CDIの変更はリミッターをカットするだけではなく、点火特性を変更することによって、ノーマルよりも出力特性を向上することが可能です。

スポンサーリンク

しかし、TLM50には専用の社外CDIが販売されていません。

基本設計が同じであるNSR50用のCDIが取り付け可能なようです。


CF POSH CF ポッシュ/レーシングC.D.I. スーパーバトル
CF POSH CF ポッシュ/レーシングC.D.I. スーパーバトル NSR50

 

◆ スプロケット丁数変更

TLM50は最高出力が4.8ps(4.0 kw)/7000rpmと非力で、最高速が非常に遅く公道走行がなかなか厳しい面があります。

そこで、スプロケットの丁数を変更することで、最高速を伸ばすことが可能です。

スプロケットはフロント側(ドライブスプロケット)とリア側(ドリブンスプロケット)があります。

ドリブンスプロケットは丁数を減らすことで最高速を上げることができ、逆に丁数を増やすと加速力が上がります。

フロントのドライブスプロケットは丁数を1丁変えるだけでリア側よりも特性が大きく変わってしまうので、細かな調整であればリアスプロケットの変更がおすすめです。

ちなみにフロントのドライブスプロケットはリア側とは逆で丁数を増やすことで最高速が上がります。

TLM50のノーマルスプロケットの丁数は、フロントが12丁、リアが55丁です。

しかし、スプロケで最高速寄りに変更しすぎると、加速力が非常に落ちてしまうのでバランスが重要で注意が必要です。

丁数によってはチェーンも交換する必要があります。
キタコ KITACO/ドライブスプロケット (フロント)
キタコ KITACO/ドライブスプロケット (フロント) CL50

 

◆タイヤ変更

TLM50のような非力なトライアルバイクであれば、タイヤ交換は非常に有効です。

馬力やトルクでゴリ押しできれば良いのですが、それができないのでグリップの効くタイヤを選択する必要があります。

純正タイヤでは登れない場所でもタイヤを変えるだけで登れてしまったりするので、トライアル走行を楽しみたい方には非常におすすめです。


DUNLOP ダンロップ/K950 【4.00-18 4PR (64P) WT】 タイヤ
DUNLOP ダンロップ/K950 【4.00-18 4PR (64P) WT】 タイヤ CB750

 

まとめ

TLM50は純正パーツもカスタムパーツもほとんどなく、維持や整備が大変になるかもしれません。

しかし、2ストローク50ccのトライアルバイクという、他にはない希少なバイクであり、このバイクでしか味わうことができない楽しさが詰まったバイクだと思います。

 

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホンダのレトロ原付「ドリーム50」のカスタムバイクやおすすめカスタムパーツを紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@astralis_fake_dev1ce_csgo_2.21) レース車両としても人気を集めたレトロバイクのドリーム50。観賞用バイクとしての人気も高く、 …

バイクのブレーキから異音や鳴きがする!対処法や原因を紹介!

スポンサーリンク   バイクに乗っていてブレーキをかけた時、キーキーシャーシャーと音がしたり、ゴーゴーと鳴いたりすることはありませんか?? このような場合はブレーキ系統に異常が発生している可 …

バイクの一発試験で二輪免許を取得!技能試験の減点項目

  スポンサーリンク 飛び込み試験、一発試験での普通自動二輪免許(中免)の取得について 実際に私が普通自動二輪免許(中免)と大型二輪免許を 一発試験で取得した経験を踏まえてご紹介しています。 …

バイク用フルフェイスヘルメットのおすすめをメーカーごとに紹介します!

スポンサーリンク バイクに乗っていて、迷ってしまうのがヘルメット選びですよね! どうせならかっこいいヘルメットを被りたいし、安全性もしっかり確保したい!   個性を出せるのもヘルメット選びの …

族車のベースとして人気が高い旧車バイクまとめ!車種別コールも

スポンサーリンク 出典:instagram(@tomu7911) 暴走族や旧車會など、ネイキッドバイクを改造して、コールを奏でながら走り回るバイク。いわゆる「族車」や「族単」。 三段シートやロケットカ …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索