BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

キャンプ 近畿キャンプ場

キャンプリゾート森のひとときはどんな場所?設備や施設をブログで紹介!

投稿日:2020年6月17日 更新日:

出典:instagram(@ryuno010)

兵庫県の丹波市にある森林に囲まれた自然豊かなキャンプ場『キャンプリゾート森のひととき』。

オートキャンプサイトは3つの異なったタイプから選ぶことができ、キャンプ以外にもコテージやトレーラーロッジ、デッキハウスなど宿泊施設も豊富なアウトドアフィールドです。

【おすすめ度】
ファミリーキャンプ★★★★☆
ソロキャンプ   ☆☆☆☆☆
キャンプツーリング☆☆☆☆☆
ペット連れキャンプ★★★★★

今回はそんな『キャンプリゾート森のひととき』の設備や施設、キャンプサイト、温泉などを紹介します!

スポンサーリンク

サイトと設備紹介!

◆キャンプサイト

出典:instagram(@karly0301)

キャンプリゾート森のひとときは山の麓にあるアウトドアフィールドで周囲は山なんですが、施設内は全体的に整備されています。

キャンプサイトも同様で区画はほぼ全て場所が拓けたかんじで、地面は芝生や土になっています。

場所や広さによって、A・B・Cと3種類のタイプに分けられており、最も広い区画はAサイトとなっており、平均でも10m×8mくらいはあります。

しかし、同じAサイトでも形はバラバラで区画面積も異なるので、HPで確認してから予約したほうが良いでしょう。

BサイトもAサイトと同様の場所ですがAサイトよりは小さな区画となっています。(平均6.5m×4m)

Cサイトは唯一川が目の前に見えるサイトとなっており、Cサイトのみペット同伴可能です。

ただし、3サイトしかなく、すぐに埋まってしまうので早めの予約が必要です(^^;)

周囲は森林で自然豊かなんですが、キャンプ場の敷地はきちんと整備された公園のような感じですね。

ロッジやコテージなどの人工物もサイトから見えるので、本当の大自然の中でキャンプという雰囲気ではないです。

しかし、夜は満点の星空を眺めることができますし、自然を満喫できることは間違いありません。

サイトには800wまで使用できるAC電源もついています。

価格はシーズンによって異なり、オフシーズンの平日は4500円前後と普通なんですが、土日は8000円前後、お盆などのハイシーズンは1万円前後と。。

正直高すぎます。

スポンサーリンク

どれだけ遊びや施設が充実していても僕はキャンプに1万円も出す気にはなれませんね。

ゴミは基本的には持ち帰りのようですが、専用のごみ袋を300円で購入すれば引き取ってくれるので便利です。

◆コテージ

キャンプリゾート森のひとときではキャンプ以外の宿泊施設も充実しています。

というより、キャンプ場よりもロッジやコテージなどのほうが人気が高いかもしれません。

キャンプ場によくあるコテージという感じではなく、別荘のような高級感もあっておしゃれな建物になっていて、コテージやロッジとしては多くあるキャンプ場の中でもレベルが高いように思います。

僕は基本テント泊なので、詳しいレビューはできませんが、コテージには珍しく、ペット入室可能なものもあり、ドッグランも併設されているので愛犬家には非常におすすめです。

◆焚火やペットはOK?

焚火は直火が禁止になっているので焚火台を使用する必要があります。

ペットはCサイトのみ同伴OK。

上記でも説明しましたがコテージにもペット入室OKのものがあり、ドッグランも併設されているのでそちらもおすすめです。

場内は犬を連れた方も非常に多い!

ですので気兼ねなく愛犬とキャンプを楽しむことができますよ!

◆トイレや炊事場は?

トイレもおしゃれな建物で場内に数カ所設置されており、清掃も行き届いています。

水洗の洋式トイレで快適に使用できます。

炊事場も綺麗に清掃されていましたが、一部水が流れにくいところもありました。

窯などもあるのでそこで調理も可能です。

◆温泉やシャワーは?

お風呂は管理棟の1階に「森の露天風呂」が併設されており、通常日は1人200円、繁忙期にいたっては無料で開放されています。

非常に綺麗な温泉で露天風呂もリゾートのような雰囲気です。

シャンプーなどのソープ類も備え付けられているのでありがたいです。

ただし、そこまで大きなお風呂ではないので、ハイシーズンは混み合うので注意が必要です。

男女別のシャワー設備もあるので、そちらで済ませることもできますよ。

◆充実したイベントや遊び!

毎週土日にアマゴのつかみ取りイベントが開催されるほか、土曜日はキャンプファイヤーも実施されています。

また、キャンプサイト近くを流れる川では水遊びもできますし、昆虫採集などもできます。

◆その他の施設

敷地内にはレストランや売店などもあり、売店では飲み物やインスタント食品、燃料、食器、調味料、虫取り網やボールなどの遊び道具などなど、非常に充実した品ぞろえです。

キャンプ用品のレンタルも充実しています。

キャンプ場の基本情報

◆営業時間と利用料金

通年営業

Aサイト5500円~10500円
Bサイト4500円~9000円
Cサイト5000円~10000円

平日や休日、繁忙期などによって価格変動。

◆アクセス

〒669-4335 兵庫県丹波市市島町与戸 長尾52-1

 

◆キャンプ場の天気

最高のキャンプにするためにも事前のお天気チェックは忘れずに!

キャンプリゾート森のひととき周辺の天気

 

総合レビュー!!

施設や設備は非常に充実しており、高規格なキャンプ場です。

各施設も綺麗ですし、山の麓で自然に囲まれていながらも町がちかいので買い出しも行けて立地も良好。

家族キャンプには非常におすすめですし、ドッグランなどもあるのでペット連れにもおすすめです。

しかし、繁忙期の価格が高すぎです。

また客層は圧倒的にファミリー層が多いので、ソロキャンプやツーリングキャンプにはおすすめできませんね(^^;)

スポンサーリンク

-キャンプ, 近畿キャンプ場
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天川みのずみオートキャンプ場はどんな場所?設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@nc_works) 奈良県に流れる渓流釣りとしても有名な天の川が流れる川辺にあるキャンプ場『天川みのずみオートキャンプ場』。 川の透明度は非常に高く、自分 …

六ツ矢崎浜オートキャンプ場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@kazham240) 滋賀県の琵琶湖湖畔のロケーション抜群の立地にある『六ツ矢崎浜オートキャンプ場』。 全長450mにも及ぶ広大なキャンプ場でフリーサイト …

大阪でおすすめできる人気オートキャンプ場を紹介!ペット可!温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@elegantcampoutdoorlife_2017) 日本三大都市にも数えられる大阪ですが、自然に囲まれたキャンプ場も意外と多く、数十カ所のキャンプ場 …

青柳浜キャンプ場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@s__ayoo) 滋賀県大津市の泳げるキャンプ場『青柳浜キャンプ場』。 目の前には琵琶湖が広がり、すぐに湖水浴を楽しむことができ、後ろには比良山系を望む大 …

ニュー白浜オートキャンプ場を本音レビュー!設備や施設をブログで紹介!周辺の温泉情報も!

スポンサーリンク 出典:instagram(@acco_mw) 琵琶湖西岸の近江白浜海岸にいくつかあるキャンプ場のひとつであり、湖畔のロケーション抜群の場所でキャンプを楽しむことができます。 滋賀県の …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索