BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

ホンダのレブル250人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

投稿日:2020年8月20日 更新日:

ホンダからリリースされている250ccアメリカンバイク『レブル250』。

他にはない唯一のビジュアルと、女性も安心して乗れる足つきと取り回しの良さで人気を集め、カスタムパーツも豊富なので自分だけでのバイクに仕上げることも可能です。

今回はそんな『レブル250』の人気おすすめマフラーと排気音をまとめたので紹介します!

スポンサーリンク

MORIWAKI ENGINEERING(モリワキエンジニアリング)

ヨシムラから独立し、設立したモリワキエンジニヤリング。レース活動も活発に行い、フレーム製作でも有名なメーカーで、エキゾーストも品質が良く人気があります。

◆NEO CLASSIC BLACK S/Oスリップオンマフラー

モリワキから発売されるNEO CLASSICのブラックバージョンで、レブルの車体とマッチする美しいマットブラックが特徴!

マットブラックの中に目立ちすぎず渋く付けられているエンブレムがまたかっこいい。

もちろん見た目だけではなくサウンドも低中速では低音の心地よいエキゾーストノート奏で、近接で91db加速時で77dbの音量となっています。

エンジン性能も上がり、特に登りではよいトルク感を発揮してくれます。

販売価格:¥56,335(税込)


MORIWAKI ENGINEERING モリワキエンジニアリング/NEO CLASSIC BLACK S/O [ネオ クラシック ブラック] スリップオンマフラー
MORIWAKI ENGINEERING モリワキエンジニアリング/NEO CLASSIC BLACK S/O [ネオ クラシック ブラック] スリップオンマフラー REBEL250

OVER(オーヴァー)

三重県の鈴鹿市で1982年に創立された国内オートバイカスタムパーツブランド。

非常に高品質でパワーバランスも良く、人気の高いマフラーです。

◆SSメガホン スリップオンマフラー

純正タイプのスタイリングを崩さないOVERのメガホンマフラー。

耐熱ブラックで仕上げられ、レブルと非常にマッチした仕上がりになっています。落ち着いた雰囲気のサイレンサーにチタンプレートでさりげなく入るロゴがこれまた渋い!

単気筒らしい鼓動感と重みのあるサウンドで、低速トルクはいい感じにアップします。

音量は近接で92dB、加速時は84dBとなっています。

販売価格:¥41,483(税込)


OVER オーヴァー オーバー/SSメガホン スリップオンマフラー
OVER オーヴァー オーバー/SSメガホン スリップオンマフラー Rebel250

◆GP-Performance XL-T フルエキゾーストマフラー

レブル250のマフラーにはメガホンタイプの片出しマフラーが多い中、珍しい左右2本出しの攻撃的なスタイリングをしたマフラーがこの『GP-Performance XL-T フルエキゾーストマフラー』。

レブル用では唯一無二と言ってもいい、コンパクトでショートタイプのサイレンサーで左右2本出しのレイアウト。アメリカンというよりもストリートファイターのような印象を与えます。

エキパイとサイレンサーは共にステンレス製でヘアライン仕上げ、サイレンサーボディはブラックアルマイトにレーザーマーキングでロゴがあしらわれています。

サウンドはかなり切れのよいエキゾーストノートで近接94dB、加速時で82dBとなっています。

販売価格:¥86,596(税込)


OVER オーヴァー オーバー/GP-Performance XL-T フルエキゾーストマフラー
OVER オーヴァー オーバー/GP-Performance XL-T フルエキゾーストマフラー Rebel250

 

SP忠男

かわいらしい目のマークで有名な国産ブランドSP忠男。

マフラー1つで大きくバイクの特性を変えられることから30年間に渡り性能創りにこだわって常にトップクラスの人気を集めているメーカーです。

◆POWER BOX(パワーボックス) サイレンサー

スポンサーリンク

SP忠男では「公道で頻繁に使用される極極低速域20もしくは30Km/h付近から60Km/h付近にかけて、特に高いギアに入れ走行した際ギクシャクしない粘り強さや車体を前に押しだす加速する力」をトルクの定義としており、その定義の通りレブル用マフラーでも5速ホールドで30Km-50Kmが非常に走りやすい気持ちの良いトルクを生み出しています。

広い回転域に引き出した出力によって、一速ごとに使えるパワーバンドも大幅にアップしているので300ccのような走りが楽しめます。

別売りのパワーボックスパイプを付けることによってさらにトルクを引き出すことも可能です。

販売価格:¥57,789(税込)


SP忠男 SP Tadao/POWER BOX(パワーボックス) サイレンサー
SP忠男 SP Tadao/POWER BOX(パワーボックス) サイレンサー レブル

SP忠男 SP Tadao/POWER BOX PIPE(パワーボックス パイプ)
SP忠男 SP Tadao/POWER BOX PIPE(パワーボックス パイプ) Rebel

BEAMS(ビームス)

ビッグスクーターを皮切りに4ミニからビッグバイクまで幅広くマフラーをラインナップするビームス。高性能且つリーズナブルで人気の高いメーカーです。

◆パワーヘッダー W スリップオンマフラー

片側2本出しでアメリカンらしい迫力ある見た目のパワーヘッダー W スリップオンマフラー。

レブルの性能を生かすために中低速域のトルクが高められ、アクセルを開けると迫力ある重低音を奏でます。

重量は6.1kgと純正よりは重くなってしまいますがビームス独自のサイレンサー構造で十分にトルクを発揮し、非常に抜けの良いマフラーに仕上がっています。

音量は90.0dbとなっています。

サイレンサー部分はクロームとマットブラックから選択することができます。

販売価格:¥75,042(税込)


BEAMS ビームス/パワーヘッダー W スリップオンマフラー (JMCA/政府認証)
BEAMS ビームス/パワーヘッダー W スリップオンマフラー (JMCA/政府認証) Rebel

Two Brothers Racing(ツーブラザーズレーシング)

アメリカのカリフォルニア州コロナで30年以上にわたり、エキゾーストシステムを手掛けているメーカーです。

オンロードだけでなくおふろーどもでるも手掛けており、最高品質の素材を使用し、すべての排気システムは手作業でTIG溶接がされています。

◆スリップオンマフラー Comp-S

個人的にお気に入りのメーカーでもあるTwo Brothers Racing。アメリカらしい迫力ある爆音が特徴的なマフラーで切れが良く鼓動感の強いエキゾーストノートを楽しめます。

エキゾーストパイプはステンレス製でエンドキャップはカーボン製、サイレンサー部分はステンレスとセラミックブラックから選択することができます。

Comp-S専用で非売品の松本エンジニアリング製バッフルが装着済みです。

JMCA未登録で車検非対応公道走行不可のため注意してください。

販売価格:¥63,610~(税込)


Two Brothers Racing ツーブラザーズレーシング/スリップオンマフラー Comp-S
Two Brothers Racing ツーブラザーズレーシング/スリップオンマフラー Comp-S Rebel

r’s gear(アールズギア)

1998年に三重県亀山市で創業された比較的新しいバイクパーツ、マフラーメーカー。

全ての製品が車検対応となっており、豊富なサイレンサー形状とデザインから選択することが可能です。

◆ワイバンクラシック スリップオンマフラー

現代モデルのバイクでも旧車の雰囲気を車種ごとに最も引き出せる形状でつくられているのがワイバンクラシックマフラーです。

最新の規制を全てクリアしながらも全回転域においてトルクアップを実現し、実用回転域では大幅なパワーとトルクアップを実現しています。

音質も重低音が強くアメリカンらしい音を奏でます。

販売価格:¥78,992(税込)


r’s gear アールズギア/ワイバンクラシック スリップオンマフラー
r’s gear アールズギア/ワイバンクラシック スリップオンマフラー Rebel

まとめ

レブル250のおすすめマフラーを紹介しました!

どれも高品質高性能で非常におすすめできるメーカー、マフラーばかりです。

レブルは現在非常に人気が高い車両のひとつでもあり、多くのマフラーやカスタムパーツがラインナップされています。

ここで紹介したものもそれらの中の一部分に過ぎないので、マフラー探しの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020年シーズンMotoGPの注目選手や見どころを解説!

スポンサーリンク 出典:instagram(@motogp) 2020年シーズンのモトGPカレンダーが公開され、開幕戦であるカタールGPまで残り1か月ほどとなりました! 昨シーズンMoto3での日本人 …

ヤマハの125ccネイキッドバイクおすすめ4車種を紹介!

スポンサーリンク もっともオーソドックスで乗りやすいネイキッドバイク。現在はネイキッドから派生したストリートファイターなども人気を集めていますね。そんな中でも、125ccクラスは道路交通法の改正などに …

ヤマハのSR400人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク ヤマハの人気バイクSRシリーズ。昔ながらのレトロなデザインに心地の良い単気筒エンジンで多くのファンを集めるバイクですね! SR400は1978年に発売が開始され、2008年まで基本設 …

ヤマハMT-09の人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

近年急速に人気が増している新たなジャンル「ストリートファイター」。ヤマハから販売されている「MT-09」もそんなストリートファイターとして多くの人気を集めています。 エンジンは直列3気筒120°クラン …

ホンダCB250Rの人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

「日常の移動を遊びに変える SPORTS ROADSTER」をコンセプトにタイ・ホンダで製造し、輸入販売されているCB25Rは市街地からワインディングロードまで楽しめるバイクに仕上がっており、その扱い …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索