BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

おすすめマフラーメーカーのヨシムラ!サイクロンのシリーズ別レビューインプレッション

投稿日:2019年10月13日 更新日:

 

日本製マフラーとして有名なヨシムラマフラー。

ヨシムラは「高性能」「高品質」「車検対応」がコンセプトとして作られています。

実用的で扱いやすくパワーセッティングになっているため、安心して取り付けることができるマフラーメーカーです。

逆に車検非対応の爆音マフラーを取り付けたいという人には向いていないマフラーですね(^^;)

チタンの加工の美しさや溶接部分の綺麗さなど、加工技術はさすが日本製!ヨシムラ製!というくらい美しい仕上がりです。

アフターサービスも充実しており、JMCA(全国二輪車用品連合会)の基準にクリアした国の保安基準に認められたマフラーですので安心して使用することができます!

 

スポンサーリンク

ヨシムラジャパンとはどんなメーカー?

1954年に創立し、1972年から世界初の集合マフラーを販売を開始した老舗メーカーです!

全日本ロードレース選手権や鈴鹿8時間耐久ロードレースにもスズキの車両をチューニングしてレース活動を行っているので、目にしたことがある人も多いはず。

種類も豊富でレース専用のマフラーから、125CCスクーター用のマフラーなど、幅広く商品展開がされています。

圧倒的な高品質で日本を代表するマフラーブランド。

創設者の吉村秀雄は「4ストロークのチューナーだけが成功する」と語っていたこともあり、基本的には4ストローク用のパーツが多いようです。

口コミやレビューも高評価が多く、おすすめメーカーの一つですね。

ヨシムラのマフラーはサイクロンと呼ばれており、車検対応になっているので安心して使用することができます。

さらに一部有償のものもありますが、アフターサービスも充実しており、カバー、ウール、リベットバンド、エンブレムなどを交換してもらうこともできます。

 

 

ヨシムラマフラーシリーズ

 

・機械曲げチタンサイクロンマフラー

 

もっともオーソドックスなマフラーでヨシムラを代表するフルエキゾーストマフラーです。

写真のマフラーはカーボンカバーですが、他にもアルミカバー、チタンカバー、ステンレスカバー、焼き色が綺麗なチタンブルーカバー、メタルマジックカバーなど、豊富な種類から選べるのも良いですね。

走行を重ねているとチタンが綺麗に焼けていくので、焼けていくのを見ているだけでも楽しくなってきます。

 

◇レビュー良い点

・コストパフォーマンスが良い

・形状が綺麗。

・期待通りの性能アップができる

・付属品や説明書が丁寧でわかりやすい。

・細部まできっちりと作りこまれている。

やはり、日本製ということもあり、製品の品質や細部までの作りこみなどは非常に丁寧だというレビューが目立ちます。

外国製のマフラーは英語の説明書も多く、日本語設営が付いているのもうれしいポイントですね。

◇レビュー悪い点

・取り付けが大変

・高回転の音がいまいち

悪いレビューと言っても高評価に比べて圧倒的に人数が少ないので、この悪いレビューはほとんど個人の好みの問題もあると思います。

取り付けに関しても他のマフラーとほとんどかわらないのでそこまで気にする必要はないでしょう、。

・機械曲げストレートサイクロン


旧車が好きな人はストレートマフラーが大好きという人が多いですね。

ネイキッドにヨシムラ管といえばこのマフラーを思い浮かべる人も多いはず。

自分自身、ゼファーやバリオスを乗っていた時にはストレート管を付けていましたし、ゼファーはヨシムラストレート管でした。

耐熱黒塗装仕上げのマフラーでマットブラックが渋いです。

塗装が剥がれたりもしますが、専用のスプレーでの補修や、ヨシムラのアフターサービスで補修してもらうことができるので安心です。

スポンサーリンク

取り付けの際センタースタンドを外す必要があり、装着できません。

 

 

◇レビュー良い点

・車検も通る

・塗装の丁寧さ

・溶接部分が綺麗

・形状がぴったりはまる

・コストパフォーマンスが良い

やはり、さすがヨシムラ!という声が多かったです。

ストレート管は曲げ部分や溶接部分が目立ちがちですが、ヨシムラのマフラーは非常に綺麗に仕上がっていますね。

取り付けも海外メーカーなどではボルトで止める部分がギリギリだったりすることもありますが、ピッタリはまるようなので丁寧な仕事ぶりが窺えます。

 

◇レビュー悪い点

・音がうるさい

・音が物足りない

ということで、まったく反対のレビューが2つ、悪い点として挙げられていました。

僕の見解とすると、ストレート管って直管のイメージが強いんですよね。

族車などのうるさいバイクのイメージがあるために、ヨシムラの車検対応の音量では物足りないと感じてしまうようです。

それでもストレート管は他のマフラーと比べると音は大きめなので、音がうるさいというレビューも出てきてしまうようです。

 

・Tri-Ovalチタンサイクロン 2エンド

ヨシムラの最高峰のマフラーです。

お値段も定価で30万円近くとかなりお高めの価格になっています。

しかし、この「Tri-Ovalチタンサイクロン 2エンド」のみ、購入後2年間は転倒保証ということで、転倒で負った傷は破損程度に関わらず、1度限り無償で修理をしてくれるという神サービスが付属します。

ファクトリーマシンのような2本出しフルエキゾーストマフラーで高出力を実現し、迫力のあるエキゾーストサウンドには虜になります。

もちろん車検対応でオイル交換フィルター交換も可能なので利便性も高いです。

 

◇レビュー良い点

・2本出しなのに軽量!

・スタイルがかっこいい!

・性能アップがわかる

・サウンドが良い

・高音がレーシー

やはり、2本出しのスタイルがかっこいいというレビューが多く見受けられました。

重量も軽く、回せばレーシーなサウンドで高評価という意見が多いようです。

 

◇レビュー悪い点

・取り付けが大変

・値段が高い

ヨシムラ最高峰ということもあり、価格が高めであるということ。

2本出しの大型フルエキゾーストということもあり、取り付けが大変なようです。

 

・サイクロン EXPORT SPEC

 

海外ユーザーのリクエストを反映する事によって、溶接の焼け色や加工跡はオリジナルのままの仕上げ、素材は高耐久ステンレスを使用していて、ヨシムラ独自のスタイルのまま、コストパフォーマンスに優れた仕様となっています。

◇レビュー良い点

・高回転でもパワーを感じる

・意外と音が大きい

・取説が丁寧

・コストパフォーマンスが良い

品質や取説は他のヨシムラマフラーと同じように高評価が多いです。

アイドリングでは静かなようですが回すと公認と思えないくらいの音が出るとのレビューも見受けられました。

 

◇レビュー悪い点

・エキパイの取り付けに少し苦労した。

基本的にはエキパイの取り付けなどもぴったりはまるというレビューが多いのですが、1件だけエキパイ部分のネジの締め付けに苦労したというレビューがありました。

 

他にもあるヨシムラの魅力

究極の美「手曲げエキゾーストマフラー」

基本的に量産型のマフラーは機械曲げが主流ですが、ヨシムラには手曲げエキゾーストもラインナップされています!

曲げ工程、溶接工程、組立工程と1本1本丁寧に、手作業によって作られるマフラーはまさに芸術品です。

手作業のためコストは高くなってしまいますが、スムーズな曲線美など、手曲げでしか出せない魅力があります。

 

機械曲チタンサイクロン”ファイヤースペック”

こちらは受注生産になるんですが、機械曲げのチタンサイクロンの焼き色付けてくれるサービスです。

チタンエキゾーストは使用しているとどんどん綺麗な焼き色がついていくのですが、この”Fire Spec”は手曲げ専門の職人スタッフがエキパイ1本1本に焼き入れを施してくれるというものです。

無料ではなく、1万円前後かかってしまいますが綺麗な焼き色を付けたい方には非常におすすめです!

ヨシムラ公式サイトから申し込むことができます。
ヨシムラ公式サイト:http://www.yoshimura-jp.com/products/cyclone/firespec.php

まとめ

ヨシムラは口コミやレビューを調べてもほとんど悪いレビューは見つかりませんでした。

そこからも高品質、高性能だということがわかります。

自分もゼファーにヨシムラのストレート管を付けていましたが音も良く、気に入っていましたね!

日本製で安心して使用できるので是非使用してみてください!

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクのエンジンからする異音の原因は?初心者でも直せる?

スポンサーリンク エンジンがカラカラと音がしたり、正常なエンジン音とは違う音がする。 今まで正常に走っていたのに急に違う音がしてくると心配になりますよね。 特にバイクにとっての心臓部分であるエンジンの …

バイクのエンジンってどんなものがあるの?種類や特徴を解説します!

スポンサーリンク バイクのエンジンと一概にいっても様々な種類が存在します。 4ストロークや2ストローク、DOHC、OHV、4気筒、2気筒、V型、L型などなど。。 何がなんだかわからなし、その種類によっ …

バイクの最高峰!!各メーカーのSSスーパースポーツバイクを紹介!!

スポンサーリンク 各メーカーの最高峰の技術が集約されて、完成したバイク。 市販車といえどリッタークラスになれば、最高出力200馬力は当たり前、最高速は時速300kmをも超えてしまうモンスターマシン。 …

motoGPライダーのヘルメットの意味とは!マルケスの蟻やザルコの旭日旗など

スポンサーリンク 世界最高峰のバイクレースであるモトGP。 レースを見ていると各ライダーが被る個性的なヘルメットが目立ちます。 その気になるヘルメットデザインの意味を調べてみました! スポンサーリンク

ホンダCL50のスペックやカスタムバイク&おすすめカスタムパーツを紹介!

スポンサーリンク 出典:instagram(@yasuo813315) ホンダのスクランブラータイプモデルとして1960年代から1970年代にかけて販売されたCLシリーズ。 そのレトロな見た目から人気 …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索