BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

ホンダの125ccおすすめネイキッドバイク4車種を紹介!

投稿日:

もっともオーソドックスで乗りやすいネイキッドバイク。125ccクラスは道路交通法の改正などによって、今最も注目されているクラスといっても過言ではありません!

今回はそんな125ccネイキッドの中でもホンダからラインナップされている車両を紹介いたします。

スポンサーリンク

 CB125R

『“SPORTS ROADSTER” Prologue バイク本来の乗る楽しさを』というコンセプトから、水冷単気筒OHCエンジン、新設計のスチールフレーム、倒立タイプのフロントフォーク、ガルアーム形状のスイングアーム、ラジアルタイヤなどを装備して発売されたCB125R。シリーズ最小排気量でタイで生産、本田技研工業が輸入事業者となる形で2018年に発売されました。ネイキッドの中でもストリートファイターという部類になります。全ての灯火器類に高輝度で被視認性に配慮したLEDを採用し、フルデジタル液晶メーターを装備して、ギアポジションインジケーターなどライディング時の安心感にも寄与しています。

2018年式

エンジン: 水冷4ストローク単気筒OHC2バルブエンジン

最高出力: 13ps/10,000rpm

最大トルク: 1.0kgf/8,000rpm

燃料消費率: 53.0(60)〈2名乗車時〉

燃料タンク容量:10.0リットル

全長・全高・全幅: 2040mm × 1055mm × 820mm

車体重量(装備重量): 127kg

 

CBX125F

丸型ヘッドライトにロケットカウルのようなビキニカウルを装着し、アルミニウム製のブーメランコムスターホイール、単気筒ながらも2into1シングルエキゾーストマフラーを装備しているCBX125F。

燃焼効率と吸排気効率を大幅に向上させるためバルブを放射状に配置するRFVCを搭載し、単気筒エンジンでありながら低速域から高速域までの吸入効率向上と俊敏レスポンスを向上させるためにキャブレターを2基搭載するデュアルインテークキャブレター方式を採用してあります。

1993年式

エンジン: 空冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒

最高出力: 15ps(11kw)/11000rpm

最大トルク: 1.1kg・m(10.8N・m)/8500rpm

燃料消費率: 45.0 km/L ( 60 km/h走行時)

燃料タンク容量:12.0リットル

全長・全高・全幅: 1940mm × 1120mm × 680mm

車体重量(装備重量): 119kg

スポンサーリンク

 

NSR125F

2ストロークのレーサーレプリカタイプシリーズの「NSR」ですが、カウルレスのネイキッドタイプとして発売されたのがNSR125Fです。ホンダイタリアから輸入されたNSRで、ボディ塗装もイタリア国旗風なのが特徴的です。世界初のアルミダイキャストフレームを採用し、最高出力は22ps(16kw)/9000rpmを発揮する125ccでは非常に高馬力なバイクです。

1989年式

エンジン: 水冷2ストピストンリードバルブ単気筒

最高出力: 22ps(16kw)/9000rpm

最大トルク: 1.8kg・m(17.7N・m)/8500rpm

燃料消費率: 34.0 km/L 

燃料タンク容量:10.0リットル

全長・全高・全幅: 2015mm × 1035mm × 690mm

車体重量(装備重量): 135kg

 

モンキー125

初代モデルのモンキーからのスタイリングを引き継ぎつつ、現代の技術に合わせた進化が図られたのがモンキー125です。扱いやすく燃費に優れた空冷4ストロークOHC125cc単気筒エンジンを搭載し、最高出力は 9.4PS / 7,000rpmを発揮。スチール製のクローム仕上げの前・後フェンダーやマフラーカバーなどで高級感もあります。 12インチのブロックパターンタイヤや倒立フロントフォーク、分厚くクッション性が高いシートなどで、快適な乗り心地としなやかさを兼ね備えたモデルです。

2020年式

エンジン: 空冷4ストロークOHC単気筒

最高出力: 9.4PS / 7,000rpm

最大トルク: 1.1kg・m/5250rpm

燃料消費率: 71.0〈1名乗車時〉

燃料タンク容量:5.6リットル

全長・全高・全幅: 1710mm × 1030mm × 755mm

車体重量(装備重量): 105kg

 

まとめ

ホンダの125ccネイキッドは名前を聞いたことがある名車や、長年続くシリーズモデルが多いですね。どれを選んでも間違いのない、良いバイクたちです。

高出力で走りを楽しみたいのであれば、NSR125Fなどの2ストロークエンジンのモデルがおすすめですが、街乗りやツーリングなどで燃費や乗り心地なども重視するのであれば、現行モデルであるCB125Rやモンキー125などがおすすめです!

 

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

原付バイクに任意保険は必要?おすすめや相場を紹介!

スポンサーリンク 原付バイクに乗って加入に悩むのが任意保険だと思います。 私はしっかりと任意保険にも加入し、家族にも必ず保険には加入させています。 しかし、50ccということもあり、スピードも出ないと …

250cc最速バイクは何だ!ニーハン最高速度ランキングTOP5!

スポンサーリンク 普通自動二輪免許で乗れて、車検なし、高速道路走行可能なこともあり、人気が高い排気量である250ccクラス。 最近ではカワサキから数年ぶりである4気筒250cc「ZX-25R」が発表さ …

ホンダの人気125ccグロムのおすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク ホンダの人気125ccバイク『グロム』。 扱いやすいサイズ感とエンジン特性で、レースベース車両としても人気が高いバイクです。 非常に多くのカスタムパーツがラインナップされ、カスタムベ …

motoGPライダーのヘルメットの意味とは!マルケスの蟻やザルコの旭日旗など

スポンサーリンク 世界最高峰のバイクレースであるモトGP。 レースを見ていると各ライダーが被る個性的なヘルメットが目立ちます。 その気になるヘルメットデザインの意味を調べてみました! スポンサーリンク

バイクの最高峰!!各メーカーのSSスーパースポーツバイクを紹介!!

スポンサーリンク 各メーカーの最高峰の技術が集約されて、完成したバイク。 市販車といえどリッタークラスになれば、最高出力200馬力は当たり前、最高速は時速300kmをも超えてしまうモンスターマシン。 …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索