BLOGGER RIDER MY LIFE

バイク好きでキャンプ好きなブロガーが運営しているブログです。

バイク

ホンダFTR223の人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

投稿日:2020年7月20日 更新日:

ホンダから1986年に発売された人気のストリートバイク『FTR223』。

FTRは「Flat Track Racer」の略であるようにもともとはダートトラックをモチーフにしたバイクだったんですが、スカチューンなどが流行り、ストリートバイクとしての人気の方が高くなりました。

空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンとシンプルな構造で、誰でもイジリやすく非常に軽量で操作性も抜群!

重心も低くくて、タイヤも大きく、オフロードでもストリートでも安定して走ることができるのも魅力的なバイクですよね。

今回はそんなFTR223の人気が高いおすすめマフラーと排気音をまとめたので紹介します!

スポンサーリンク

RPM (アールピーエム)

RPMは40年以上の歴史がある日本の会社、株式会社アールピーエムが制作するマフラー。

ステンレスの美しさが目立つマフラーで、RPM管やP管の愛称でも人気が高いマフラーです。

自分もゼファーやバリオスに乗っていた時に愛用していましたが、長年使用していてもメッキの光沢が色あせることなく、高品質なマフラーだと思います。

◆250Singleフルエキゾーストマフラー

50種類以上もの試作品でのテストを重ねて、単気筒のシングルサウンドを徹底的に追及されたマフラーで、乾いた歯切れの良いサウンドとよく吹けあがるフィーリングが気持ち良いマフラーです。

RPM管独自の光沢が強いステンレスのメッキ仕上げになっており、見ているだけでも楽しめるマフラーです!

近接排気騒音値:88db
加速走行騒音値:78db

販売価格:¥43,429(税込)


RPM アールピーエム/250Singleフルエキゾーストマフラー
RPM アールピーエム/250Singleフルエキゾーストマフラー FTR223

◆80D-RAPTORフルエキゾーストマフラー

RPM独自に開発された多段圧縮膨張構造サイレンサー【RAPTOR】の搭載モデルで、純正マフラーを上回る走行性能を発揮します。

トルク特性は結構フラットで誰でも扱いやすい感じです。音質もトルク感のある重低音質で心地よいですね!

サイレンサー剛性が極めて高いらしく余計な雑音がしないのも特徴です。

音はそこまでうるさい感じでもなく、近接排気騒音値:90db、加速走行騒音値:78dbとなっています。

サイレンサー素材はステンレス、チタン、ブルーチタンから選べます。

販売価格:¥62,240~(税込)


RPM アールピーエム/80D-RAPTORフルエキゾーストマフラー
RPM アールピーエム/80D-RAPTORフルエキゾーストマフラー FTR223

RSヨコタ(レーシングショップヨコタ)

80年代にスクーターレースから生まれたメーカーで耐久性や品質はもちろん、性能にも優れたマフラーを販売しているメーカーです。

◆RSYスーパートラップ4インチアルミ

FTR223では定番のスーパートラップマフラー。

ダウンタイプのショートマフラーで皿が数枚重ねられて排気の抜けが調整されているのが特徴的なマフラーです。

皿の枚数を調整することで多少の音量調節ができます。

販売価格:¥44,000(税込)

スポンサーリンク


RSヨコタ レーシングショップヨコタ/RSYスーパートラップ4インチアルミ:FTR223(MC34)用マフラー
RSヨコタ レーシングショップヨコタ/RSYスーパートラップ4インチアルミ:FTR223(MC34)用マフラー FTR223

◆ RSYスーパートラップ4インチステンメガホン

ショートタイプと共に人気の高い形状のメガホンタイプのスーパートラップマフラー。

こちらも皿の枚数によって音の調整が可能です。

販売価格:¥48,400(税込)

BEAMS (ビームス)

リーズナブル価格で購入できるうえに高性能でデザイン性も高いのでおすすめできるブランド。

◆SS300 フルエキゾーストマフラー

 

見た目の雰囲気がガラッと変わるダウンタイプマフラー。

ストリートでの走行は問題ありませんが、オフロードや荒れた路面を走行することがある場合はサイレンサーが地面と接触する恐れがあるので強化サスペンションの装着がおすすめ。

ビームス独自の隔壁構造によって、心地いいサウンドと静粛性があって、高速域のトルクはそのままに扱いやすい中低速トルクで非常に気持ちよく運転できます。

装着済みのスタンダードバッフルを外すことで音量の調節もできて、オプションのセミレーシングバッフルでも音量調節ができるので最大で3段階の調節が可能です!

エキパイはステンレスのポリッシュ仕上げでサイレンサー部分もソニック・チタン・カーボンから選べます。

86.9db/スタンダードバッフル(装着済)
89.9db/セミレーシングバッフル(オプション)
97.6db/バッフル非装着時

販売価格:¥35,200~(税込)

 

OVER (オーヴァー)

マフラーだけでなく、フレーム、スイングアーム、バックステップ、ホイールなど幅広いバイクパーツを手掛けている三重県鈴鹿市にあるメーカーで非常に高品質です!

◆カーボンコンプリート

エキパイやテールエンドはステンレス製で、サイレンサー部分は美しいカーボン製となっています。

オーヴァー製品は何度も購入していますが、エキパイやサイレンサーなど製品には指紋なども一切なく、バリや傷もなく非常に精密な仕上がりになっています。

取り付けも誤差なくぴったりで、ノーマルよりも低音が強く中高速でのトルクが向上します。

販売価格:¥62,211(税込) 


OVER オーヴァー オーバー/カーボンコンプリート
OVER オーヴァー オーバー/カーボンコンプリート FTR223

 

まとめ

おすすめできるマフラー6選を紹介させていただきました。

どのマフラーも高品質で、確実に走行性能の向上が望めるものばかりです!

マフラー選びの参考になれば幸いです(^^)/

スポンサーリンク

-バイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクに付けてるリストバンドみたいなものマスターシリンダーバンドに意味はあるの?

スポンサーリンク 街中に停めてあるバイクやレースなどで、ハンドル周りにつけられているリストバンドみたいなものを見かけることはありませんか? ファッションで付けているのかな?と思う方も多いと思いますが、 …

右折レーンなどにある道路のゼブラゾーンは走行しても大丈夫?

  スポンサーリンク https://www.google.co.jp/maps/ 道路を走っていて右折や左折レーンの手前などにゼブラゾーンがあるときってありますよね? ほとんどの方はゼブラ …

ヤマハXJR1300の人気おすすめマフラーカスタム!各メーカー別排気音まとめ!

スポンサーリンク ヤマハの空冷大型ネイキッドバイク「XJR1300」。ヤマハを代表するバイクとして「ペケジェイアール」の愛称でも人気を集めていました。 400ccのミドルネイキッドモデルも販売され、ホ …

125ccスクーター人気車種のおすすめをランキングで紹介!

スポンサーリンク   ここ最近人気が急上昇している125ccのスクーター! 私もアドレスV125を通勤用に使用していますがかなり便利です!   なんといっても、 ◆50ccの原付と …

ホンダのMT原付バイクNS50Fのスペックや最高速度はどれくらい?カスタム方法紹介

スポンサーリンク 前期モデルNS50F NSR50やNS-1などホンダの50ccバイクには数多くの名車が存在しますが、このNS50Fも名車の1台だと思います。 水冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、 …

自己紹介


はじめまして!
ブロガー
ライダー「TAKUYA」です!


愛車はGSX-R1000♪
これまでに、セロー225→FTR→バリオス→ゼファー400→Dトラッカー→GSX-R1000と乗り継いできました。


趣味は他にも車(ジムニー)、キャンプ、釣り、スノーボード、サーフィン、スケボーとかなり多趣味です。


このブログでは大好きな趣味関連の情報をメインに更新していきます!!

 

検索